-Item Introduction-

シェイクスピアに学ぶ今を生きる言葉

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-今を生きる言葉
-Item Introduction-

シェイクスピアに学ぶ今を生きる言葉!

リア王!

「 機が熟すのがすべて 」
シェイクスピアの戯曲『リア王』における「機が熟すのがすべて(The readiness is all)」という言葉は、主人公リアが物語の結末において発する有名なセリフです。
この言葉はいくつかの解釈が可能であり、以下にその主な意味と役に立つ教訓について解説します。

主な意味

このセリフは、物事が準備が整った時に成就するという考えを表現しています。
リアは物語の中で多くの困難や試練に遭遇し、最終的には自らの過ちや無謀な行動から生じる悲劇に見舞われます。
しかし、物語のクライマックスで「機が熟すのがすべて」と語ることで、人生や運命においては時の流れや状況が非常に重要であり、それに対応する覚悟が必要だと示唆(しさ)しています。

教訓としての解釈

1.タイミングの重要性
人生において成功するためには、適切なタイミングで行動することが肝要です。物事を急ぐあまりに冷静さを欠くと、望ましくない結果を招く可能性があります。計画を練り、機が熟すのを待つことも重要です。
2.覚悟と準備
成功には覚悟が必要ですが、同時に準備も欠かせません。物事がうまく進むためには、状況や環境に対して十分な準備をすることが大切です。機が熟したとき、準備が整っていることが成功への鍵となります。
3.過去の認識と成長
リアのセリフは、彼の過去の過ちや経験から学び、成長する姿勢を示唆しています。過去の教訓を踏まえ、未来への備えを怠らないことが重要です。
シェイクスピアの言葉は時代を超えて普遍的な教訓を含んでおり、私たちが現代においても生きる上で考えるべき重要なメッセージを伝えています。