-Item Introduction-

ゴーリキー「どん底」に学ぶ今を生きる言葉

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-今を生きる言葉
-Item Introduction-

「才能とは自分を信じることである。」

この「才能とは自分を信じることである」というセリフは、ロシアの偉大な作家マクシム・ゴーリキーによるもので、自己信頼や自己確信に関する深い哲学的な意味を含んでいます。
この言葉は、個人の才能や能力に対する信念が、その才能や能力の発揮において極めて重要であることを強調しています。
一般的に、人は自分に対する信念や自己評価が行動や結果に影響を与えるとされています。
このセリフは、才能を発揮するためにはまず自分を信じ、自分の中にある可能性や能力に対して確信を持つことが必要だと述べています。
才能は外部からの評価や期待だけでなく、内部から湧き上がる自己信頼によっても育(はぐく)まれ、発揮されるものであるとゴーリキーは考える。
したがって、この言葉は自分の力を信じ、自分に自信を持つことが才能を発展させ、成果を上げる鍵であるという哲学的な立場を表現しています。
人が「自分を信じること」を見つけ出し、それに従って行動することで、様々な困難や挑戦に立ち向かい、成長していくことができるというメッセージが込められているのです。