-Item Introduction-

米国が財政破綻して日本が米日安保条約を破棄したらどうなるの考えてみた。

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-コラム- Column-
-Item Introduction-

もし、米国が財政破綻した後に日本が米日安保条約を破棄した場合、その時、米国がどうなるのか考えてみた。

1.経済への影響

日本は米国との経済的な関係が密接であり、相互に依存しています。米国が経済破綻する場合、日本は米国との貿易や投資が減少し、経済的な損失を被る可能性がある。まだ、米国はGDP一位で世界有数の経済超大国です。その破綻は世界経済全体にも波及する可能性があります。

2.安全保障への影響

米日安保条約の破棄により、日本が米国との軍事的な連携を終了する場合、米国の安全保障の戦略や計画にも影響を及ぼす可能性があります。日本は東アジアにおける重要な同盟国であり、その喪失は”米国”の安全保障上の脆弱性を高める可能性があります。

3.地政学的な変化

米国が経済破綻し、安保関係が崩れることで、東アジア地域の地政学的なバランスが変化する可能性があります。これにより、他の国々(中国&朝鮮半島)の行動や関与が変わることで、地域の安定や日本の利益に影響を及ぼす可能性があります。

4.同盟関係の再構築

日本は米国位以外の他の同盟国やパートナー国との関係を強化し、新たな安全保障の枠組みを構築する必要がある。これには、他の地域の同盟国との連携や、国際的な協力体制の強化が含まれることになるでしょう。
もし、米日安保条約を米国の財政破綻後に日本から破棄をした場合、米国は、アジア太平洋での影響力、著しく落とすでしょう。