-Item Introduction-

勉強という言葉は試験勉強を指す言葉ではない。

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-コラム- Column-
-Item Introduction-

勉強という言葉は試験勉強を指す言葉ではない。

塾&受験産業?

既得権な学校産業(国公私立の小中高大)?
産業界からの要請!
日本、東アジアでは、いつの間にか勉強ができる=試験勉強ができるという意味に置き換わっています。

勉強ができない?

それは、試験勉強ができない(興味が持てない)?

違います。

勉強するということは、試験勉強をすることではないです。
日本を含む東アジアでは「勉強」という言葉が主に試験勉強を指す言葉として使われている。
しかし、本来の意味や広がりを考えると、勉強は試験勉強に限定されるものではありません。
勉強(Study)は、新しい知識やスキルを習得するために意識的に取り組むことを指します。
これには学校での学習や授業を含む場合もありますが、それに留まらず、自己啓発や興味のある分野の探求、実践的な経験を通じた学びなども含まれます。
勉強は、自己成長や知識の拡充、スキルの向上を目指すために重要な活動です。試験勉強は一時的な目標を達成するための手段の一つであり、一部のアジアの文化では試験の結果が重要視される傾向がありますが、それが勉強の全てではありません。
勉強は、探求心や好奇心を刺激し、自己成長や個人の発展につながるものです。試験勉強だけでなく、興味のある分野への深い理解や実践的なスキルの習得、問題解決能力の向上など、さまざまな形で表れることがあります。
ですので、勉強は試験勉強だけを指すものではありませんし、試験勉強が得意でなくても、他の形態の学びや成長を追求することは非常に重要です。自己の興味や目標に合わせて、幅広い知識やスキルを学び、自己成長を図ることが大切です。

あなたは目を覚ましてください!

一個人が学ぶこと、勉強することは、試験の点数を稼ぐことや他の人間から賞賛を受けるために行うものではないのです。