-Item Introduction-

恋愛大学特別補講特殊講義-二人の愛に必要なおカネを考える。-

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-恋愛大学-Love university-縁結び-結婚について考える。-
-Item Introduction-

愛?

太陽の光のような無償の愛?
家族を作る二人の愛にそれはない!

二人で生きていく!

おカネがかかります。
愛は有償です。

愛しあう二人が一緒に暮らす。

おカネがかかります。
恋愛や結婚には、相手とのコミュニケーションや感情面だけでなく、おカネの問題も関係しています。
今回は、恋愛や結婚に必要なお金についてアドバイスをあなたにお伝えします。

1.互いに話し合いをする。

おカネに関する話し合いは、恋愛や結婚において重要な要素の一つです。
将来の目標や計画、支出、貯蓄、投資について話し合うことで、お互いの考え方や価値観を知り、将来の不安を減らすことができます。

2.予算を立てる。

収入や支出に合わせた予算を立てることは、おカネの管理にとって大切なことです。
予算を立てることで、お金を効率的に使うことができ、無駄な支出を抑えることができます。二人の愛を維持するのに、年間、どれほどのおカネが必要ですか?
120万円の人もいれば、1,200万円の人もいます。

3.借金をしない。

借金は、将来の不安を招くことがあります。恋愛や結婚においては、借金をしないことが望ましいです。
もしも借金をしてしまっている場合は、返済計画を立てて、少しずつでも借金を返済するようにしましょう。基本的に若いカップルは、借金をしてはいけません。また、所得をこえるようなローンの借り入れもいけません。なぜなら、返済できないからです。

4.貯蓄をする。

恋愛や結婚には、多くのお金が必要になることがあります。

将来に備えて、貯蓄をすることが大切です。

貯蓄をすることで、将来の不安を減らすことができます。

5.目標を持つ。

将来に向けて、目標を持つことは、おカネを管理する上で大切なことです。
家を建てるため?
育児にかかるおカネを貯める。
愛しあう二人は、二人が立てた、将来の目標に合わせて、支出や投資を計画することで、より効果的におカネを使うことができます。

6.投資をする。

おカネを投資することで、将来の不安を減らすことができます。
ただし、投資はリスクが伴うため、しっかりと情報収集をし、十分な検討をすることが必要です。
以上のように、恋愛や結婚に必要なおカネについては、互いに話し合いをし、予算を立て、借金をしないようにし、貯蓄をし、目標を持ち、投資をすることが大切です。