-Item Introduction-

報酬と社会的な地位が欲しくて働いている医師にアドバイス

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-コラム- Column-勤務医の病院開業について考える。生活情報-Live a Life-自立独立起業を目指す-Starting a Business-
-Item Introduction-

報酬(おカネ)と社会的な地位が欲しくて働いている医師にアドバイスします。

毎日、あなたはしんどいです。

病んだ患者とのコミュニケーション!
最近、あなたは、生きる目的、失っていませんか?
医療職は非常に責任のある仕事です。人の命や健康に深く関わる重要な役割を担っています。
ただ、社会的地位や報酬(おカネ)だけを目的に仕事をしていると、自分自身や患者さんのために本当に必要なことが見えにくくなってしまうことがあります。
そこで、以下のようなアドバイスをあなたにお伝えします。

1.自分が何をしたいのかを考えてみる。

自分が何をしたいのか、何に興味があるのかを考えることが大切です。自分の関心がある分野について学び、自己啓発を行うことで、やりがいや充実感を得ることができます。

2.仕事に必要なスキルを磨く

医療技術や医療知識の進歩は日進月歩です。自分自身が最新の情報を得て、必要なスキルを磨くことが、自分自身の成長に繋がります。その成果が患者さんに反映されることで、自分のやりがいを感じることができるでしょう。
あなたはプログラミングができますか?

3.自分自身のケアをする。

医療職は過労が原因で健康を害することも少なくありません。自分自身のケアを怠らず、適度な休息をとることが大切です。また、自分自身が心身ともに健康であることが、患者さんにとってもプラスに働くことが多いです。
また、星占い的な医師という職業傾向を考えると、日々、”病んだ人間”と関わって幸福にはなれません。
あなたは、まず、自分の”健康”をしっかりと気遣いましょう。

4.患者さんとのコミュニケーションを大切にする。

医師としての役割は、患者さんに対して的確な情報提供や適切な治療を行うことです。
しかし、患者さんとのコミュニケーションを大切にすることで、よりよい診療ができるようになります。
患者さんの話をしっかり聞くことが大切です。もっと、あなたは、愛想よく患者さんと接しましょう。医師の高度なサービス業なのです。あなたが他人に接する態度を変えれば、あなたも変わります。
以上のアドバイスを参考にして、自分自身の仕事に対する考え方を見つめ直し、やりがいや充実感を得られるように努力してください。

また、資産運用もしましょう!

あなたは、死ぬまで、”病んだ人間”と関わり合うのですか?
言葉は、悪くなりますが、あなたの代わりになる医者はたくさんいます。毎年、一万人近く、日本中の医大から日本全国、津々浦々に”医者”が供給されています。

医師は、世間一般的に高給取り(680万~1,200万)です。

あなたは、若い時からしっかり預金して、自分の専門(投資)を持ち、将来に備えて資産運用をしましょう。
医師なら、すぐにFIREできますよ。あなたは、並み(普通のサラリーマン)の人間より、別の専門を身に着けたり、別の生き方もしやすい職業に就いているのです。