2023年米国デフォルトを占う。

その他-Other-
その他-Other-コラム- Column-天体と世界-THE SPACE AGE-政治経済と占星術

機械学習でパワーアップした西洋占星術で米国が債務上限対応ができずにデフォルトした際の状況を占いました。キーワードは、”崩壊”、”上限”、”議会”、”通過”、”法律”、”支援”と出ました。
また、時期に関しては、2023年の上半期(1月~7月)と出ました。

1.世界経済の混乱

米国がデフォルトした場合、世界中の金融市場が混乱し、市場価格が大幅に下落する可能性があります。
これにより、株式や債券、為替市場などで多大な損失が発生し、世界経済に影響を与える可能性があります。
大恐慌が始まります。

2.米国国債の信認喪失

米国は、世界中で最も信頼される国債発行国の1つであり、世界中の投資家が米国国債を保有しています。
しかし、米国がデフォルトした場合、投資家の信頼を失うことになり、世界中の投資家が米国国債を売却する可能性があります。
これにより、米国政府は金融市場からの融資を受けられなくなるため、財政危機に陥る可能性があります。
中国、日本、サウジアラビアと米国債大量保有国が一斉に米国債を手放します。それに連動して、米国債が組み込まれた金融商品が大暴落を起こします。

3.世界貿易の減少

米国は、世界中で最も大きく消費(輸入)が旺盛な経済大国のひとつであり、世界貿易に大きな影響を与えています。
しかし、米国がデフォルトした場合、世界中の企業や投資家が米国市場から離れる可能性があり、世界貿易が大きく減少する可能性があります。

4.世界中の政治的混乱

米国がデフォルトした場合、米国政府に対する批判が高まり、政治的混乱(内戦または人種対立)が生じる可能性があります。
これにより、世界中の政治的な不安定要因が生じ、国際紛争やテロの増加などのリスクが高まる可能性があります。また、在外に展開している米軍も予算が確保できない場合、母国へと撤収することになります。
米国がデフォルトした場合、世界経済や政治、社会に多大な影響を与えるでしょう。
そのため、米国政府は、予算問題を解決するために全力を尽くすことが必要でしょう。
最後になりますが、この予測は”悪魔”でも占いです。