-Item Introduction-

どこにも居場所がなく自殺を考える。

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-
-Item Introduction-

どこにも居場所がなく自殺を考える。
あなたは十代!

居場所がない。

今、個性を殺され、競争社会の中で苦しんでいる。
そして、自殺を考えている。

自殺!

死にたくない!
しかし、消えたい。
今のあなたに居場所がなく、学校、家庭、貧困の中で個性を殺されている十代の少年少女にとっては、とてもつらい状況にいる。
そんなときは、周りに助けを求めることが重要です。
以下に、できるだけ役立つアドバイスをいくつか挙げてみます。

1.相談できる人を見つける。

今のあなたに相談できる人はいませんか?
家族や友人、先生やカウンセラーなど、頼れる人がいるかもしれません。
まずは話し相手を見つけることが大切です。

2.専門家のサポートを受ける。

カウンセリングや心理療法、精神科の受診など、専門家電話相談のサポートを受けることも検討してみてください。
専門家は、的確なアドバイスや支援をしてくれます。

3.新しい居場所を探す。

居場所がないと感じている場合、新しい居場所を見つけることも重要です。スポーツクラブやボランティアグループ、趣味のサークルなど、自分に合った場所を探してみましょう。ネットの時代、あります。あなたの居場所!
そして、本当の勉強をしよう。
特に学校に行っていない若者は!
無茶苦茶な読書、楽器演奏、肉体改造、ファッション!
基本的に十代の時期は、おカネはないですが、十代特有の時間の長さ、そして、豊かな感情があります。
何をしても、刺激になります。
あなたは、悪いこと以外の何かに挑戦しましょう。

4.自分自身を肯定する。

学校や周りの環境に合わせて、自分を抑圧してしまうことがあるかもしれません。
学校、集団、規則、心が通(かよ)わない友人関係は、あなたから生きる力を奪います。
今、あなたが感じている。

その感覚は、正常な感覚なのです。

だから、自分の個性を肯定(こうてい)することが大切です。

あなたはあなたです。

自分を責めない!
周囲が間違っている。
あなたは、自分自身を受け入れ、自分自身を大切にすることが、自信を持つための第一歩となります。
以上のアドバイスを参考に、まずは周りに相談してみてください。

とにかく、一人はダメです。

一人では、死にたくなるだけです。
あなたにとって最善の選択を見つけることができると思います。
また、思い悩んでいるときは、自殺防止の専用相談窓口に相談することもできます。