-Item Introduction-

開業医に求められるコミュニケーション能力を考える。

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-コラム- Column-勤務医の病院開業について考える。自立独立起業を目指す-Starting a Business-
-Item Introduction-

開業医または勤務医に求められるコミュニケーション能力を考える。

1.患者とのコミュニケーション能力

医師は、患者との良好なコミュニケーションを確立することができるように、質問をする能力、情報を提供する能力、聴取する能力などが必要です。

2.チーム内でのコミュニケーション能力

医師は、自分自身だけでなく、看護師、医療事務、医療技術者、その他の医療専門職とのコミュニケーション能力が求められます。

3.患者と家族に対する教育的コミュニケーション能力

医師は、患者とその家族に対して、健康状態、治療法、薬物治療、健康管理などについて、明確で正確な情報を提供する能力が必要です。特に深刻な病状を抱える患者に対しては、相手の経済状況なども考慮して、対応すべきです。

4.文書化されたコミュニケーション能力

医師は、文書化された医療記録を作成し、他の医療専門職と情報を共有することができる能力が必要です。

5.非言語的コミュニケーション能力

医師は、患者の非言語的なサインや表情を読み取り、患者とのコミュニケーションを改善するために、非言語的なスキルを磨く必要があります。

6.倫理的なコミュニケーション能力

医師は、倫理的な問題に対する洞察力や、患者や家族に適切な対応をする能力が必要です。
以上の6個条が開業医または勤務医に求められるコミュニケーション能力となります。