-Item Introduction-

志望校に落ちて自殺を考える。

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-人間の生き方-ネット検索で人間の生き方を探してみます。-
-Item Introduction-

志望校に落ちて自殺を考えている若い人は読んでください!

自分の志望校に行けなかったことが、とてもつらく悲しい気持ちになるかもしれませんが、自殺は決して解決策ではありません。
このような時期は、辛い気持ちがつのり、自分自身を否定したり、未来に希望を持てなくなってしまうかもしれませんが、人生にはまだたくさんの可能性があります。
ここで、自殺を考えている若い人へのアドバイスをいくつかご紹介します。

1.誰かに話を聞いてもらう

自分の気持ちを誰かに話すことで、心の中のストレスが軽減されることがあります。家族や友人、先生など、信頼できる人に相談してみましょう。また、専門家である心理カウンセラーや精神科医に相談することも大切です。
特に若い男性は、自分の弱い部分を認めて、言葉にして吐き出しましょう。声に出すとスッキリします。

2.自分自身を認める

志望校に行けなかったことが、自分自身を否定する原因になるかもしれません。しかし、あなたは、自分自身を認めることが大切です。自分自身について、自分なりにポジティブに考えることができるようになると、気持ちが楽になるかもしれません。周囲の人間から何か”嫌”なことを言われても、あなたは、あなたであり、あなたの人生の主人はあなたなのです。

3.他の可能性を探す

志望校に行けなかったとしても、他にもたくさんの可能性があります。他の学校や職種、自分自身が興味を持っている分野など、自分にとって新しい挑戦を見つけることができます。
自分自身の適性を見つけることができれば、新しい道が開けるかもしれません。志望校以外の学校にも特色があり、出会いもあります。また、別のことにチャレンジましょう。もう、あなたは、入試のためだけに必要とされる狭い知識と応用が求められる”試験勉強”から解放されているのです。
何をクヨクヨと悩んでいるのか!

4.将来の夢を描く

自分自身がやりたいことや夢を描くことで、あなたは希望が持てるようになります。あなたは若い。あなたは、80歳で糖尿病を患っている年金生活者ですか?
今のあなたは、なんでもできる。そんな”夢”を見られる年齢なのです。今後のあなたの努力、勉強(試験勉強ではない)、コミュニケーション能力のUPしだいで、あなたは、何かの分野で成功、活躍できるかもしれません。
とにかく、たかが学校の試験に落ちた程度で自殺を考えないでください。
今、世界は、地球は、あなたの活躍を求めています。

鏡を見ろ!

どんな時でもあなたは美人だイケメンだ!