-Item Introduction-

西洋占星術の本質を考える。

-Item Introduction-
その他-Other-
その他-Other-天体と世界-THE SPACE AGE-政治経済と占星術
-Item Introduction-

西洋占星術は、宇宙と人間の関係を表現するひとつのシステム(体系)です。
占星術は、古代から天体の位置や動きを用いて人間の性格や運命を解釈し、予測する占いの一種です。
西洋占星術は、主にギリシア時代に誕生し、中世に成熟、この占術では、太陽、月、惑星、彗星、アステロイド、恒星などの天体が、人間の生活に影響を与えると考えられています。
これらの天体が12星座を通過することで、人間に対する影響が変化するとされており、人間の生まれた日時や位置に基づいて、出生図(ホロスコープ)を作成し、それを解釈することで人間の性格や運勢を判断します。

または、人間が生み出す複雑な社会情勢を占います。

西洋占星術は、過去から現在、未来までの人生の流れを読み取ることができ、また、自分自身の内面を知ることができるとされています。
ただし、占いとしての西洋占星術は科学的根拠が乏しく、信憑性については意見が分かれています。
西洋占星術は、古今東西、古代から受け継がれて進化してきた文化であり科学ではありません。