2023年上半期の物価高傾向を占う!

その他-Other-
その他-Other-政治経済と占星術生活情報-Live a Life-

2023年上半期の物価高傾向を西洋占星術で占う!
その結果は、”力”、”統制”、”偶数の範囲内”、”オーダー”、”便乗する者”というキーワードが出た。
これらのキーワードを個別に解釈すると”力”による”統制”は、日銀の物価政策を指している。”偶数の範囲内”は、割れる数、要するに物価上昇率2%とという意味だろう。オーダーというキーワードは、そのまま、秩序という意味でいいだろう。
最後の”便乗する者”とは、この物価高に合わせて商品価格を上げる企業を指している。これもバブル経済崩壊後からの脱却に向けて良い傾向だといえる。なぜなら、今まで日本企業が提供してきたサービスや商品が価値以下の値段で提供されていたからだ。全体的に悪い占い結果(占果/SEN-KA)は出ていない。
これらのキーワードを総合すると、2023年上半期の物価は、5%とか9%にはならない。もし物価高になっても2%前後(割れる数なので最大4%まで)をうろうろするという感じだ。そして、このインフレは、悪い働きをしないということである。すべてのサービスや商品の価値(価格)が適正なものへと修正されていく。もちろん労働者の賃金も!
だから、小さな商売をされている方は、極端に値段を変更してはいけない。また、大企業は、今がチャンス!
ガンガン上げよう!
これが普通の価格なんだと自信をもって値段を適正に上げよ。


タイトルとURLをコピーしました