この世を生きる言葉を知る。

コラム- Column-
コラム- Column-人間の生き方-ネット検索で人間の生き方を探してみます。-

あなたは、この世を生きる言葉を知る。

「 今日褒めて明日悪く言う人の口 

  泣くも笑うも嘘の世の中 」

きょうほめてあしたわるくいうひとのくち
なくもわらうもうそのよのなか

これは、一休禅師の歌です。

この歌は、令和の時代でも生きています。
誰もが自分の都合を最優先!
誰もが周囲の顔色をうかがって生きているのです。
人の口!

「 あの人、すごいね。 」

人の口!
「 やっぱりあの人がやったんだね。 」
「 そんな顔していたね。 」
今日は褒める。
明日は悪く言う。

他人の評価?

そんなものです。
だから、あなたは、周囲の人間に自分のことを悪く言われても落ち込まない!
あなたは、絶対に自分を責めたり、自殺を考えてはいけない。
また、他人に褒められても聞き流す。
他人の評価なんか状況が変化すれば180°変わるものなのです。
嘘なんです。

みんな嘘つきなんです。

誰もが自分の都合で人の悪口を言ったり、人を褒めたりするものなのです。
それが人の世なんです。
だから、あなたは、そんなことで落ち込まないでください!
落ち込まない!
あなたは、この言葉を覚えてください!

「 今日褒めて明日悪く言う人の口 

  泣くも笑うも嘘の世の中 」

どんな時もあなたは生きる。
あなたはあなたの目的と目標をもって生きよ!
そうすれば、他人の評価なんか気になりません。


タイトルとURLをコピーしました