今を生きる言葉「花は半開を看、酒は微酔に飲む」

今を生きる言葉
今を生きる言葉その他-Other-コラム- Column-

花は半開を看、酒は微酔に飲む

はなははんかいをみ、さけはびすいにのむ
この言葉の出典元は、「 菜根譚(さいこんたん) 」からの引用です。
この言葉の意味は、花は五分咲きの半開が美しく、お酒は、ほろ酔いかげんが、一番、美味しいということです。

花は半開を看、酒は微酔に飲む

花見、飲酒、グルメ、旅行、楽しい趣味、恋愛、S〇X、買い物、なんでも物事はほどほどで止めておくのが良いということを教えてくれる言葉です。
しかし、人間の一生!

短い人生!

たまには、「 花は全開を看、酒は豪快に飲む 」!
そんな、一日を楽しく過ごしてみたいものでもあります。
今を生きる言葉!
あなたは知る。


タイトルとURLをコピーしました