2022年下半期の日本を西洋占星術で占う

政治経済と占星術
政治経済と占星術生活情報-Live a Life-その他-Other-コラム- Column-

これから2022年、下半期の日本を占います。

円安、インフレ、食糧危機、戦争、疫病…

現在の日本を真っ黒な暗雲が覆う!
そんな日本を独自ホロスコープの西洋占星術で占ってみる。
その結果は、あまりよくなかったです。
特に日本経済に関する占果(SEN-KA)が悪く、キーワードは、”訪問者の孤立”、”断られる”、”負担”、”オオカミの群れ”、”黒死病”、”果物のザクロ”、”裏切り”と出ました。
このキーワードを解説すると”黒死病”は、何かの病気を意味しています。”果物のザクロ”は、謎の病気がもたらす病の症状となっています。果物のザクロは、実が裂けることで有名な果実です。
もし、次に何かの疫病が流行れば、それは、体の外部(皮膚)に病の症状が出ると解釈しました。
そして、”訪問者の孤立”、”断られる”というキーワードは、日本政府が国際経済における協調関係が築けない、構築できないという意味で解釈できます。
これらの占果から2022年下半期、日本の経済政策は、行き詰まると出ています。
特に深刻なキーワードは、”訪問者の孤立”というキーワードです。普通、天下国家を占ったときには、決して出てこないキーワードです。
現在、日本の経済政策立案者、実行者は、世界の中で孤立しています。日本にとっての世界とは、やはり今も昔も米国です。
現在、彼らは、世界 = 米国から無視されています。
次に注意すべきキーワードは”オオカミの群れ”です。現在、この群れが日本に迫っています。このオオカミの群れは、日本の”負担”を食べるという意味で出現しました。

日本の負担?

私は、そのキーワードを日本国の借金であり、日本人の資産でもある日本国債だと解釈しました。もし、この群れが本気を出せば、日本経済の混乱は避けられないでしょう。このオオカミは、死肉を求めています。このオオカミは、日本経済の崩壊に伴う、うま味を求めています。
これらの危機は、2022年、下半期に顕在化(けんざいか)してきます。そして、暗い2023年を暗示しています。
そして、最後の”裏切り”というキーワードも重要な意味を持っています。

誰が”裏切る”のでしょうか?

以上が2022年下半期日本の占いでした。
株式&債権投資などをされている方は、細心の注意が必要です。
でも、大丈夫!
どんな時も「 東京占い -無料幸運- 」を読んでいるあなたは生き残る。


タイトルとURLをコピーしました