python入門「やさしいpython入門」を読む

やさしいPython入門 pythonを学ぶ
pythonを学ぶその他-Other-コラム- Column-パソコンの研究-PC LIFE-生活情報-Live a Life-読書の世界-Reading pleasure-

現在、世界の先進国では、プログラミングがブームです。
欧米のエリートサラリーマン、ハッカー、学生は、みんなプログラミングをしています。
特にpython(パイソン)言語は、初期設定も簡単で扱いやすくAIの開発現場で多く使用されています。また、エクセルとの相性も良いです。

しかし、プログラミングは難しいです。

難解な記号!

初期設定!

データの加工!
難解な概念!
変なカタカナ語!
そんなプログラミング!

たくさんの本が売られています。

しかし、どれも難しいものが多いです。
本当に初心者向けの本でも難しいです。
やさしいPython入門

やさしいPython入門

でも、コンピュータープログラミングができれば、仕事、趣味と活躍の場が広がります。
基本的にコンピューターの目的と機能は、計算(演算)です。とにかく、プログラミング初心者は、コンピューターで四則演算ができれば、第一関門を突破したといえるでしょう。
今回、「 東京占い -無料幸運- 」が紹介する一冊は、「 やさしいPython入門 」(カットシステム; 第2版 (2018/7/1))です。
この本の内容は、簡単です。学校で配られる授業のプリントの寄せ集めみたいなテキストです。著者は、フリーエンジニアの日向俊二さんです。本の価格は、2,530円(amazon.co.jp)!
しかし、この本は、あまり人気がありません。その理由は、この本を理工系の方から見ると基本的なことしか書かれていないし、内容が薄いからでしょう。

でも、そこがすごくいいのです。

プログラミングをやってみたいと思っている”純”な人には、内容と容量(ページ数)がとてもいいのです。この一冊を終えてから、次のpython本を学ぶとpython中級者にステップUPできるでしょう!
是非、PCとネット環境を持っている無職、ひきこもり、失業者、専業主婦(主夫)、学生さんは、この本で簡単に気楽にpythonを学んでみましょう。
プログラミングに関して、たくさん本が売られています。しかし、その本が対象とする読者の層がよくわからない本が多いです。
基本的にプログラミングに関して、その多くの本が対象としている読者は、プログラミングが仕事に必要で理系な人向けのものが多いです。
そのため、ズブな初心者が、それらの本を手に取り独学しようとしても、メチャクチャ難しいのです。
また、ズブな初心者もプログラミングのデキる向け人の本を手に取って、途中でわからなくなり、最後は、古本屋で本を処分してしまいます。
だから、とにかく、簡単な本から始めましょう!

「 やさしいpython入門 」!

たったの12章です。
学校の宿題、プリントみたいな構成です。
この本を一冊デキれば、pythonがわかります。またわからない箇所があれば、ネットで検索しながら学びましょう!
是非、興味をもたれた方は、販売サイトなどで試し読みをしてみてください!

「やさしいpython入門」

また、pythonに関する入門書は、たくさん出版されています。他の本も調べてみましょう。


タイトルとURLをコピーしました