今を生きる言葉「夏の虫、氷を笑う」

今を生きる言葉
今を生きる言葉その他-Other-コラム- Column-

夏の虫、氷を笑う

なつのむし、こおりをわらう
実社会に出れば、視野が狭い人に多く出くわします。

夏の虫、氷を笑う

夏に生きる虫は、寒い冬を知りません。
夏に生きる虫、夏にしか生きられない虫は、寒い冬に水が凍った氷の存在を想像することができなくて笑ったといいます。

人間も同じです。

あなたが生きている世間の価値観や道徳観がすべてではありません。
多くの犯罪や非常識、ハラスメントの「夏の虫、氷を笑う」な生き方や姿勢が原因になるのかもしれません。

夏の虫、氷を笑う

今を生きる言葉!
あなたは知る。


タイトルとURLをコピーしました