今を生きる言葉「飛ぶ鳥跡を濁さず」

今を生きる言葉
今を生きる言葉その他-Other-コラム- Column-

飛ぶ鳥跡を濁さず!

とぶとりあとをにごさず

いろんなことがあって学校を辞めるとき!
離婚するとき!
最低の会社を辞めるとき!
最低の人間と別れるとき!

「 飛ぶ鳥跡を濁さず 」

この言葉を使いたい!
「 飛ぶ鳥跡を濁さず 」という言葉は、立ち去る際には、野生の鳥のように自分のいた場所を汚れたままにしない。自分のいた場所をきれいにしてから次の場所へ飛んでいくという意味です。

飛ぶ鳥跡を濁さず

この言葉は、要するに”何か”を辞める時の実践的な”美学”といえるでしょう。
最低の職場や悪い人間との別れ際に「 ~死〇 」、「 FUC〇 」、「 時間返せ 」、「 金返せ 」、「 殺し〇てや〇 」とかいわないということです。

う~!

難しいです。

飛ぶ鳥跡を濁さず

まあ、とにかく、自分の人生を次のステージに進めたいときに、気持ちよく、きれいに、掃除をして、その場所から離れ、次の目的地に行こうというポジティブな意味が込められた言葉だと思います。
最後になりますが「 飛ぶ鳥跡を濁さず 」という故事は、「 立つ鳥跡を濁さず 」ともいいます。


タイトルとURLをコピーしました