2021年以降の金や貴金属の投資を占星術で占う!

金投資について西洋占星術で占ってみる。 政治経済と占星術
金投資について西洋占星術で占ってみる。
政治経済と占星術生活情報-Live a Life-入門株式投資- Introductory stock investment-その他-Other-コラム- Column-天体と世界-THE SPACE AGE-

これから2021年以降の金や貴金属の投資について西洋占星術で占ってみたいと思います。
金!

ゴールド

その他の貴金属!
投資対象として、昔から世界中の金持ちに大人気のようです。

現在、世界経済は、先が見えません。

米国のインフレ傾向、国債の暴落、株高、食糧危機、米中対立、中東の混乱…
最近、新聞の広告、ネットの広告を見ると”金”投資の勧誘が多いような気がします。
今も昔も本当に”金”は、魅力的な投資先です。
また、西洋、東洋と地理の壁をこえて長い歴史と文化を持つ占星術では、おカネといえば黄金に輝く”金”のことを指しています。
そこで気になるのが投資先としての”金”の価値です。しかし、”金”の価値を知ることは、結構、難しいです。
その”価値”がわからない!
“金”は、投資、投機先として、日々、値段が上下しています。そのため、”金”の価格だけを見ていると投資先として不安です。

不安定です。

しかし、何かのきっかけで米国や日本でインフレが起きたり、世界のどこかで大混乱が起きて、通貨の価値が下がったりしたとき、”金”は、頼りになる。そして、実体がある資産となります。
そこで、もし何かの経済危機や経済的な混乱が起きた時に”金”は、どうなるのか占ってみました。なお、金以外の他の貴金属も金と同じ扱いにして占っています。
その占果(SEN-KA)は、少し解釈が難しかったです。占いの結果、占果のキーワードは、水が落ちる。雨が止む、光が射す。亀が歩く、といったものになりました。

引用元-https://ja-jp.facebook.com/-4

これから、「 東京占い -無料幸運- 」として、これらのキーワードを解釈してみます。
“水が落ちる”というキーワードは、水というエネルギーが大地に落ちる。浸み込むという意味に解釈できます。水は、生命活動や人間の日常に必須のエネルギーです。”水が落ちる”これは、何かの崩壊を指しています。おそらく、経済危機、金融危機、食料危機などにより、既存の体制(既得権)が揺さぶられて、新しい何かが生まれるといった感じに解釈ができます。
そして、”水が落ちる”というキーワードは、たとえば、雨ごいをしてる地域に水が落ちれば、恵みの雨となり、何かの混乱(パニック)も何かのチャンスに変化するという意味に捉えることができます。
次のキーワードは、”雨が止む”というものです。これは、”水が落ちる”という出来事に対しての結果です。ということで、”水が落ちる。”というキーワードが持つ何かの混乱が、この時点で収束します。
ここまでの占果で”金”の価値は、全然、健在です。”金”の価値は、生きています。
“金”という資産は、このような大混乱の後でも生き残っていることが占いの結果に出ています。
次に”光が射す。”というキーワードですが、このキーワードの解釈は難しいです。”水が落ちる。””雨が止む”というキーワードの後に”光が射す。”ということは、投資家が”金”という資産に頼りたい時には、ゴールドの光を放つ”金”が輝いていないと読めます。
そのため、何かの混乱が起きた時、資産としての”金”が機能していない、資産としての”金”が使用できない可能性が高いと占いから読み取れます。
最後のキーワードになりますが”亀が歩く”というキーワードには、堅実性や確実性という意味が込められています。この時点で、資産としての”金”は生きています。
これらの占果を総合してみますと、どんな時も”金”は資産としての価値を持っています。
しかし、何かの混乱期において、”金”は、現金のように使用することができない可能性が高いと占果には、出ています。
しかし、混乱期が終われば”金”は、混乱期前と同じ価値を持ち続けています。
金(混乱前/価値アリ)→金(混乱中/価値ナシ)→金(混乱後/混乱前かそれ以上の価値アリ)!

是非、”金”投資に興味がある方は、資産のポートフォリオのひとつとして”金”を考えてみても問題はないと思います。
もっと、この占果を深読みしてみると混乱期に”金”を買えればとても良いという解釈もできます。

本当に占いの解釈は難しい!

最後になりますが、この記事は、悪魔でも占いです。この誰も読まない「 東京占い -無料幸運- 」では、何かの投資などを読者におススメしてるわけではありません。
あなたは、大人です。