馬籠で島崎藤村の魂にふれる。馬籠観光案内!岐阜県中津川に行こう!Magome!

冬の木曽-信州-北陸への旅-Traveling in winter in Japan-
馬籠-島崎藤村-東京占い無料幸運-2

There is also an English commentary!
To-son Shimazaki(島崎藤村), qui a poursuivi la littérature japonaise moderne, est l’une des principales figures littéraires françaises du Japon.

初恋

嵐!

破戒(はかい)

夜明け前!

岐阜県馬籠には島崎藤村の記念館(文化遺産)があります。

日本の近代文学者島崎藤村は馬籠出身です。
藤村(とうそん)は、アルフィーの出身大学である明治学院でフランス語を学び、近代日本人の苦悩を探求しました。

藤村は、アルフィーの大先輩です

藤村の生家は明治28年の大火で一度、焼失しましたが、昭和22年に地元民のパワーで復活!

【一般財団法人藤村記念郷】

住所:508-0502 岐阜県中津川市馬籠4256-1
電話番号:0573-69-2047
代表:島崎五美雄
馬籠!

日本文学

馬籠!
藤村文学の聖地!

馬籠-島崎藤村-東京占い無料幸運-1

入場券販売のおばちゃんは不愛想でした。

この地を訪れると藤村の生い立ちからその活躍を知ることができる。

馬籠-島崎藤村-東京占い無料幸運-2

馬籠-島崎藤村-東京占い無料幸運-3

文学館内は撮影が禁止!
館内には、いろんな本が置いてありました。
藤村!

フランス文学者

もちろん本棚には、フランス語の本もたくさんありました。

馬籠-島崎藤村-東京占い無料幸運-4

日本遺産!

馬籠-島崎藤村-東京占い無料幸運-5

私は、歩きながら文学しました。
不倫、精神の病、姪っ子との近親相姦…

馬籠-島崎藤村-東京占い無料幸運-6

館内には、藤村晩年の書斎も展示されていました。

藤村記念館

また、行きたい。
藤村記念館!
In Magome, Nakatsugawa City, Gifu Prefecture, there is a memorial hall for literary masters representing Japan. The name of this writer is To-son Shimazaki(島崎藤村). He portrayed Japanese family relationships and individualism lost in modernization. He is also a French scholar.
在岐阜县中津川市馬籠,设有代表日本文学大师的纪念堂。 这位文学大师的名字叫藤村岛崎。他描绘了在现代化中失去的日本家庭关系和个人主义。他还是法国文学学者。
来自北海道的日本著名作家渡边淳一(Junichi Watanabe)也深受藤村島崎(To-son Shimazaki)的影响。
À Magago(馬籠), dans la ville de Nakatsugawa, dans la préfecture de Gifu, il y a une salle commémorative pour les maîtres littéraires représentant le Japon. Le nom de ce maître littéraire est Fujimura Shimazaki. Il a dépeint les relations familiales et l’individualisme japonais qui ont été perdus dans la modernisation. Il est également un érudit littéraire français.