【就活生必読】バフェットが日本の総合商社の株を買った。何が起きるのか!日本の株式市場騒然!

個人投資家大戦略- Individual Investor Great Strategy-
投資-東京占い無料幸運-

バフェット!
投資会社バークシャー・ハサウェイを率いる

米国を代表する伝説の投資家です

そんな投資会社バークシャー・ハサウェイを率いるバフェットさんが2020年8月30日、日本の総合商社の株を大量に購入したというニュースが流れました。

日本市場騒然

バフェット!

ウォーレン・バフェット

90歳(2020年、現在)!
そのバフェットが日本の総合商社である伊藤忠商事、三井物産、三菱商事、丸紅、住友商事の日本を代表する五大商社の株を5%超まで買った。

オマハの賢人バフェット

これだけ多くの日本企業の株を買うのは初めて!

日本で何が起きるのか

その時、マーケットは動くのか!
その前にバフェットってどんな人?
ウォーレン・バフェットは、米国ネブラスカ州オマハに拠点を置く投資会社であるバークシャー・ハサウェイを率いる世界第六位の大富豪(総資産・数兆円)です。その独自の哲学に基づいた投資手法は、世界中の投資家たちから注目を集めています。バフェットの投資手法は、簡単です。割安の優良企業を探し株を買う。しかも、長期投資が基本でコツコツと割安株を買い、値上がりするのを待ちます。バフェットは、米国を代表する超・優良企業コカ・コーラの株を長期保有しています。彼の投資哲学は、バフェット自身が理解できるビジネスだけに投資をするということです。

自分がわかるビジネス

その仕組みと儲けのカラクリ!
調べる。

理解ができる。

しかし、そんなバフェットさんでも、最近まで(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に代表されるようなIT系の企業には、長く投資をしていませんでした。
バフェットは、

非常に保守的な投資家です

そんな堅実なバフェットさんも2020年のコロナ危機では、大ダメージを受けました。全地球規模で個人の移動が制限された結果、米国の優良航空会社の株を手放したりと大きな赤字を抱えました。
また、

コロナ後、

米国の優良企業の株価は、高騰!

買えない

割安株が米国にない!

バフェットさん

この
現状を

どげんかせんといかん

ということで2020年8月下旬、日本の総合商社の株を大量購入!
バフェット!

バリュー投資

割安株を探して大量購入、長期保有!

日本の株式市場が騒然

日本!

まだ、

捨てた国ではありません。
そして、
そこそこ、
いい大学に通っている就活生は、
大物投資家が大量に株を購入する企業をチェック!