【AI】人工知能に滅ぼされる仕事を知る。マイケル・A・オズボーン准教授が発表したヤバい論文!

0年後に消える全職業・仕事-オズボーン著「雇用の未来」を知る。生活情報-Live a Life-
0年後に消える全職業・仕事-オズボーン著「雇用の未来」を知る。

人工知能に滅ぼされる仕事を知る。
マイケル・A・オズボーン准教授が発表したヤバい論文を紹介したブログを紹介します。

仕事が消える。

仕事のAI化や機械化により人間の仕事が消える。

2013年

英国の名門大学であるオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が世界に衝撃的な論文を発表しました。

マイケル・A・オズボーン准教授

この論文は、近い将来、AI、人工知能やロボットにより人間が不要になる社会の到来を科学的に考察しています。
まさに現代の予言書!

「 雇用の未来 」

あなたは知る。
この論文では、現在ある仕事が最大で半減するようです。
その確率は、

77%

この消える仕事は、単純作業の業種ばかりではなく、弁護士などの専門職も含まれています。
そんな、未来がそこまで迫っています。
もし、「 東京 占い -無料幸運- 」を読むあなたが十代なら、危機意識を持つ必要があります。
あなたは、
なんの仕事をして生きていきますか?

 

はじロボ

10年後になくなる仕事?

この論文が発表されたのは2013年!

現在は?

週刊現代-オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

AI化、

機械化できる仕事

それは、決して無駄な仕事ではなく、経営学で言う”標準化”できる仕事なので、必要な仕事となります。
では、これから消える仕事に従事している人は、どうしたらいいのでしょうか?
心配はいりません。
この仕事のAI化、機械化に大きく反対している勢力が健在なので、当分、このような論文が予言する未来は訪れないでしょう。

どの業種でも既得権が健在です。

特に日本では、少子高齢化と各種規制が厳しいので欧米のような急激な仕事のAI化、機械化は進まないように思われます。
令和の時代、日本に公共インフラ以外で投資するメリットが何かあるのか?
多分、ないでしょう。

雇用の未来(The Future of Employment)全訳

しかし、あなたが現在、十代で今からAI化、機械化される可能性が高い仕事を目指すのはやめたほうがいいでしょう。

未来は誰にもわかりません

急激に社会がAI化、機械化していくのかもしれません。

その時!

あなたはどうする?

あなたは生きよ!

豊かに!
そして、健康に!