【夢/悪夢の対策】悪夢の原因って何?悪夢?なぜ、あなたは悪夢を見るのか?-東京占い無料幸運-

夢の世界への招待状
悪夢の正体-東京占い無料幸運-

夢?

睡眠時の幻覚?

何かの観念?
何かの現実?
未来!

現代の科学でもわからない現象!

それとも何かの予言…

夢?
夢、誰もが見ます。
地球の人口だけ見られている夢があります。
しかし、誰も他人の夢を見ることはできません。
新生児、
痴ほう症の老人、
性犯罪者、異常性欲者、
美女、美男、子供、美少女、金持ち、
ソロキャンパー、貧乏人、ホームレス、ホスト、
売れない芸能人、国家公務員、カリスマ美容師、悪徳政治家…
寝る。
誰もが夢を見ます。

それとも、
それを見ているのは、
あなただけ?

夢!

人類が誕生してから、

数十万年

誰も他人の夢を見た人はいない。

悪夢

繰り返す。
あなたは、

眠れない!

苦しい!

日常生活、心と身体に異変が…

悪夢?
現在、精神医学の分野から研究が進んでいます。

うつ病、慢性疲労、精神面のストレス、過去の出来事?

その原因は…

心、

それがあるのかないのか確認されてはいない?

心、

それは触れられない。

心、

それは形がない。

夢、

それは第三者が見られない。

夢、

それは見た瞬間に忘れてゆく。

悪夢?

あなたはうなされる。

悪夢

それは定義ができない。
でも、
あなたは、悪夢を見ている。

悪夢?

最新の研究では、悪夢は、レム睡眠時に見るようです。

悪夢

現代の科学では、悪夢にかぎらず夢は、脳の活動周期の入れ替えで見ることがわかっています。
人間の睡眠のサイクルは、ノンレム睡眠とレム睡眠の二種類があります。
脳と身体が休んでいる睡眠は、ノンレム睡眠!
身体が休んでいて脳の一部が活動している状態の睡眠をレム睡眠といいます。
大体、人間の睡眠は、このノンレム睡眠とレム睡眠を90分ごとに入れ替えながら目覚めます。
意外ですが起床時に夢を見ていないと思っていても、人間は、睡眠中に夢を見ています。
見ていなくても見ている。

それが夢です。

そのため、あなたが「 夢を見た。」と思った夢は、たまたま、あなたの記憶に残った「 夢 」となります。
そして、

現代科学をもってしても夢の原因は、まだ、わかっていません。一説には、夢は、脳の情報処理、または、心の状態などではないかといわれています。
ですから、悪夢といっても、その原因は、やはりわからないものです。
しかし、何かのストレス、現在、あなたが置かれている悪い状況、過去の経験、不安、恐怖などの感情が悪夢には、大きく影響していると思われます。
そして、悪夢に対してポジティブな感情を抱く人は多くないと思います。
しかし、夢占いの世界では、悪い夢だから悪い結果を予言するとはかぎりません。たとえば、あなたが夢の中で何かに殺される。あなたが夢の中で誰かを殺す。もし、このような悪夢をあなたが見たとしても、夢占いの世界では、たくさん、よい解釈ができる場合も多いのです。
だから、悪夢だからイコール悪いということにはならないのです。
しかし、あなたが疲労感をともなう悪夢を見る場合は、現在の自分自身と向き合う必要があるでしょう。
もし、あなたが同じような悪夢を頻繁(ひんぱん)に見るのなら何かの病気を疑いましょう。

同じパターンの悪夢?

これは、

要注意です。

身体のどこかが悪い?

心の病?

現在の環境、状況、仕事、借金、性的欲求不満(SEXがしたい!イケメンで優しい彼氏・カワイイ彼女が欲しい!)、金欠、貧困、過去の経験、受験、失敗、向き合うべき現実からの逃避、目標・目的の喪失、強いストレス、悪い人間関係?

その原因は?

だから、あなたが頻繁に悪夢を見るのなら、それを何かのメッセージとして受け取り、現在の自分自身と真正面から向き合いましょう。
あなたは、あなた自身から逃げてはいけません。
悪夢は、何かをあなたに伝えたいと思っているのです。
それと、悪夢を防ぐ手段として、やはり、睡眠の質を上げることが大切です。

新しい枕

新しいベッド!

新しいシーツ!

デジタルデドックス!

居住環境の改善!

新しい寝具の導入などで心と身体がリラックスできる静かで快適な寝床を作る。
そして、

睡眠リズムの改善!

決まった時間に寝ることを心がけることが大切です。

不規則な生活は、心と身体を乱(みだ)します。

また、
就寝前に仕事をしたり、酒を飲んだり、カフェインが入った飲み物を飲まないことが大切です。
そして、身体と心を興奮させるような音、映像、悪い刺激を控(ひか)えることも必要です。

悪夢

悪夢は、あなたに何かを伝えている。

悪夢

あなたは、

悪夢と向き合え!

そこに人生を変える大きなヒントが隠されている。
今のあなたが抱えている恐怖は本当の恐怖ではない。また、その不安は本当の不安ではない。あなたは、もう少し視野を広げて、自分自身と向き合いましょう。
それと正面から悪夢の原因と対峙(たいじ)することも大切です。

悪夢は、

何かを強く伝えています。
そして、
あなたは、

気づいています。

あなたは、

自分の心が発する声を聴け!

あなたは、あなたの人生を生きよ!