【起業/自営業】起業家新思考-経済的自立を目指す起業家が走り出すとき!-東京占い無料幸運-

起業の原風景- Aim for entrepreneurship-
起業-東京占い無料幸運-

起業家が
独立して仕事を始める際に、
守らなければならないことが一つだけあります。
それは、
起業時において、
自分の背丈に合った仕事から、
事業に着手しなければいけないことです。
そして、
次に 
大事なことは、

『 おカネ 』です。

起業家は、
事業に必要とされる

『 おカネ 』を用意することです。

起業で
一番、
してはいけないことは、
金繰りです。

起業は、

金繰り(資金のやりとり)をするために始めるのではないのです。
起業を創業、
そして事業につなげられる人は、
みな、
手持ちの『 おカネ 』に余裕を持たせた人たちです。
起業家が
生み出す仕事を
車のエンジンにたとえると

『 おカネ 』は、

エンジンを動かすガソリンなのです。
『 おカネ 』がなければ、

エンジンは、

すぐにストップします。
そして、
そのような事態を招く原因が
自分の背丈に合わない仕事に手を出したときです。
これは、
大企業にも同じことがいえます。

現在、

世界経済を牽引する大企業も、そのスタート、創業時は、都市部の一等地ではなく、名もなき小さな工場(こうば)や汚いオフィスから事業が始まりました。
それが、時代の要請に答えることにより、経営資源を外から補充しながら、今の大きさになったのです。
そして、
企業を大きくする上で大事なことは、
『 おカネ 』だけではありません。
そうです。
企業を導くのも、
労働力の肥やしになるのも、

ヒトの

力があってこそ可能になるのです。
そのため、
起業家は、創業時に
事業を軌道に乗せる段階で、

エンジンが止まらないように、

常にガソリンとなる『 おカネ 』を用意しておかないといけません。

『 おカネ 』尽きえた瞬間、

新技術もアイディアも、未来の成功もヒトも一瞬で消えるのです。そのようなことに陥らないように起業家は、起業時は、必ず小さなビジネスから始めないといけません。

起業は、

小さければ、

小さいほど良いのです。

起業家が生み出す商品を一人でも欲しがる人がいれば、その後ろに数十、数百、数千、数万の顧客が控えているかもしれないのです。お客さんの数が企業を大企業へと成長させるのです。
しかし、
『おカネ』が支配する資本主義、資本が力の世界には、無駄がありません。そのため、どんなに努力しても、どんなに良い商品を作っても、必要最低限しか売れないことが多いです。
しかし、

起業家は、

この時点で企業家となっているのです。
起業の

第一の目的は、

自立です。独立です。

起業家は、
たとえ低収入でも自分の事業をまわせていたら、それは、それで成功しているのです。

すでに成功者なのです。

誰にもDependenceしていないIndependenceな一日を送れるのなら、真の勝ち組だと思います。
その時点で、
あなたは、

雇われ労働者の世界から解放されている。

すでに
経済的自由を
獲得した、

Independence Day,

となっているです。

倒産していない!

借財もない!

豊かではないが自立している!

何度も言いますが、
起業家が事業を立ち上げる際には、
小さなビジネスから始めることが肝心です。
日本でも21世紀に入り、商法の改正にともない会社法が大きく変わり、その時、個人でも会社、法人が持てる一円起業という言葉が持てはやされた時期もありました。
しかし、
いくら、
小額で瓶が作れても、
おいしく高価なワインを入れることはできないのです。

事業とは、

このワインを作ることなのです。

さらに、
ワインを作る前に
土を耕し、

を用意して、

苗を植え、

を剪定し、

肥料を巻き、
時季になれば葡萄を収穫しないといけません。
起業は、
会社という瓶を
作ることが目的ではなく、
瓶の中に入れるワインを作ることから

始めないといけません。

そして、
その
ワインを
作るためには、
葡萄を作らないといけません。
何よりも、
大事なことは、
葡萄を作る素地を
起業家が持っているかということなのです。
あなたに
その素地、下地があれば、
後は、それを伸ばし、加工して、販売するだけです。
そのために

知恵を絞り、

事業の仕組みを
考えて実践することが、
起業家に求められる才能と手腕なのです。