【飲みすぎは危険】健康!コーヒーの飲みすぎには注意!コーヒーの効能と注意点!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
コーヒーの効能-コーヒーの飲みすぎの注意-東京占い無料幸運-

コーヒー!
大昔、
古代から
飲まれてきた賢者の飲み物!

珈琲

漢字もかっこいい!
コーヒーの歴史をたどれば、
北アフリカ、中東周辺で薬として飲まれていたようです。

良薬!口に苦し!

まさに

コーヒー

そして、
コーヒーは、
頭を良くする禁欲の飲み物として、
古代アラブの修行僧たちによく飲まれていました。

コーヒーを飲んでHな瞑想?

妄想!

コーヒー!

美味しいふなっしー!

そんな、

コーヒー!

現代日本では、
トラックの運ちゃん、

建設作業員、土木作業員、受験生、

外資系サラリーマン、専業主婦、都庁の職員まで、

もがコーヒーを楽しんでいます。

コーヒーを飲むと頭が覚醒します。

ばっちりと目が覚めます。

覚せい剤?

淹れたて?

あのコーヒーの香りがたまりません。
コーヒーには、カフェイン以外にもポリフェノール、オリゴ糖などが含まれており、日々、ストレスにまみれている肝臓に強く働きかけます。

シジミ並みに肝機能をUP!

コーヒーに関する最新の研究では、一日、数杯、コーヒーを飲むと健康に良いといわれています。
しかし、

そんなコーヒーも飲みすぎは禁物です。

珈琲?
人それぞれ

適量があると思われます。

最近、

Copernicusが

読んだ
コーヒーに関する本には、
コーヒー!

いっぱい!

リットルではなく

ではなく、

杯、

以上から
黄信号になると書かれていました。
胃腸が弱い人、生活が不規則な人、飲食のし過ぎで胃腸が荒れている人、胃腸が弱い人、子供、病人、老人…
その原因は、ズバリ!

カフェインです。

このカフェイン、普通のドリップコーヒー140mlに約60~90mgが含まれているようです。これは、コーヒーの抽出法によって変化しますが、カフェインの量は、大体、こんな感じらしいです。

カフェイン

これは薬にも毒にもなる物質です。
カフェインには、覚醒作用、強い興奮、解熱鎮痛、利尿作用、血中の脂肪酸濃度を高める作用、胃の消化を助ける作用、脂肪分解酵素を活性化させる作用、短期的に集中力を高める作用などがあります。
さらに
病気や加齢による死亡リスクを
低下させると最新の研究で報告されています。

コーヒーの飲みすぎに注意-東京占い無料幸運-

しかし、

カフェイン

これを摂取しすぎると興奮して眠れなくなったり、胃腸が荒れて口臭が強くなったり、さらにカフェインは利尿効果が強いので、体に必要なビタミン、ミネラルなどを排出してしまう原因にもなります。
コーヒーの飲みすぎで体に必須なビタミンやミネラルが排出されると肌の艶(つや)などの美容などにも大きな影響を与えます。
コーヒーの飲みすぎは肌に良くない!

コーヒー!

コーヒーの飲みすぎは、
覚醒作用、疲労回復の錯覚、

利尿効果による肌のトラブル!

それでも、コーヒーを四杯以上、大量に飲みたいという方には、欧米とは違い商品の数は少ないですがノンカフェインのコーヒーも売られています。

amazon.comでも探せば売られています。

しかし、

ノンカフェイン・コーヒー

ノンアルコールビールみたいで味に重みがありません。
また、

少し酸味が強いような気がします。

さらに自販機やコンビニで売られている缶コーヒーや紙パックに入っているコーヒーには、角砂糖、数個分もの砂糖がたくさん入っているのでコーヒーなのにカロリーが高く、糖質が高いです。これらのコーヒーは、美味しいですが飲みすぎは禁物です。
それとコーヒーで厄介なのが口臭です。

口臭!

サラリーマン、
高給取り、サービス業、
キレイな女性、若い女性と絶対にNGです。

コーヒーで口臭?

なぜ、
コーヒーを飲むとカフェインの利尿効果で口の中の水分が減少して渇きやすくなります。そうすると口の中の細菌が増殖します。それに加えて、コーヒーと一緒に楽しんだお菓子や食べ物の残りかすに加えてコーヒーに入れた砂糖やミルクが悪い細菌のエサになり強烈な口臭を発生させます。
コーヒーを飲んだ際には、歯磨きまではしなくてもかまいませんが軽く水で口をすすいだり、コーヒー以外、水やお茶など水分補給することでコーヒーが生み出す口臭を抑えることができます。
さらに注意が必要なのがコーヒーに含まれる健康物質であるタンニンです。タンニンは、コーヒー以外にもワイン、お茶類(紅茶、番茶、緑茶)にも多く含まれる物資です。
タンニンには、細胞の酸化を防ぐ作用があります。しかし、これが歯の黄ばみのもとになるのです。
だから、

タバコ

コーヒーなんか
最悪の組み合わせになります。

タンニンは、

決して、
悪者ではないですが、
コーヒーの飲みすぎでなる歯の黄ばみには注意が必要です。
また、砂糖入りのコーヒーを飲みすぎると体温が低下するといわれています。冷え性の方は、注意が必要です。
これは、コーヒーに入れた砂糖が犯人なのですが、その理由は、体が砂糖を急激に摂取すると血中の血糖値を上げてしまいます。その後、急激に上昇した血糖値が低下していく段階で体温が低下するようです。

甘くて美味しいコーヒー!

ヴェトナムの濃い!

濃い

コーヒー?

飲みすぎは禁物!

でも、

美味しいコーヒー!

あの大人の香り!

あの

片想い

あの叶わなかった初恋の苦み!

中毒性!

1000%!

でも、
コーヒー!

飲みすぎは厳禁!

特に
現代社会で
ストレスまみれの女性は、

適量を守りましょう。

お肌、
美容

健康に注意して、

そして、

自分の適量を知って、

美味しいコーヒーを楽しみましょう。
そして、

日本は、

意外ですが

コーヒー消費大国です。

毎年、

10月1日は、

コーヒーの日!

ということで、

もっとコーヒーに詳しくなりたい方は、

全日本コーヒー協会

のHPを読んでみてください!
では、

美味しく、楽しく、

健康的にコーヒーライフを楽しみましょう。