【2020年1月3日/死去】イラン革命防衛隊ガーセム・ソレイマーニーという生き方?-東京占い無料幸運-

2020年、

混迷を極める中東情勢!

そんな、厳しい国際情勢の中、2020年1月3日、世界に激震が走った。イラン革命防衛隊のコッズ部隊を指揮する最高司令官のソレイマーニー少将(Qasem ・Soleimani/1957年3月11日~2020年1月3日)がトランプ大統領の命により米国の無人攻撃機MQ-9 リーパーによって殺害された。
国際政治に関心がある人がこのニュースを聞いた時、まず、はじめに第三次世界大戦の勃発を思い浮かべただろう。この事件、第一次大戦を引き起こした1914年6月28日のサラエヴォ事件を彷彿させる。
しかし、この暗殺劇、イランと米国のインサイダーな手打ちであっさりと解決した。
このソレイマーニーという司令官は、イラン、または、中東の未来を左右する重要人物であった。
このソレイマーニーという謎が多い人物の経歴は、面白い。十代を極度の貧困で過ごし、二十代は、父親に背負わされた借財を返すために肉体労働で懸命に働いた。
ソレイマーニーが頭角を現してきたのがイラン革命後に立身出世と自己実現を目指してイスラム革命防衛隊に入隊してからである。ソレイマーニーは、イラン革命防衛隊に入隊後、正規の軍事教育も軍事教練も受けずに軍人として出世していった。
ソレイマーニーは、クルド人の反乱、イラン・イラク戦争、麻薬の取り締まりからキャリアを始め、最近では、シリア内線、さらにあの広大な砂漠を占領したゲリラ集団であるイスラム国の掃討作戦を成功させている。
ソレイマーニーのホロスコープを見てみると生まれながらの軍事の才能と強い運に恵まれた人間となっている。
2020年、1月3日、そんな、中東における重要人物が殺害されたということは、要するに好戦的で武器の扱いが上手いソレイマーニーを嫌っている人物がイラン内部にも多いということだ。
ということで、時代に選ばれた強運の持ち主であるソレイマーニーは、国内の政治闘争に負けたのだ。これが将来、国際政治に吉と出るか凶と出るかイランの未来に注視が必要である。
世界は、

今、

動乱の時代に突入している。
あなたは覚悟せよ!