【生と死】死とは何か?人生?そして死について考える。-東京占い無料幸運-

その他-Other-
引用元-内閣府-https://www.facebook.com/caojapan-2

人間の

人生は、

短いです。
人間の

人生は、

一瞬です。
それは夜空に輝く星の瞬(まばた)きです。

夜、

眠る時、
そして、

朝、

起きる時、
そして、
お昼休みに
私は死を考えます。
毎日!

この世に生を受けた者に訪れる無の世界?

とは何か?

死とは、
一つの真理である。

真理とは何か?

わからない。
そして、

真理はあるのか?

どこに…

引用元-内閣府-https://www.facebook.com/caojapan-1

しかし、
死を考える時、
無の世界、永遠という考え方が思い浮かびます。

無の世界?

そこは、
宇宙のように広大で無限な世界なのか?
そこは、

時間も空間も超越した世界なのか?

違う。

何もない世界だ。

私には想像ができない。

にも…

私は、
死を考える。
しかし、
答えが出ない。
私は、
毎日、
死に
向かって生きている。

もが…

ということは、
人は、
死を
前提にして
生きるべきなのかという素朴な問いが出てくる。
死があるから生を全(まっと)うする。
死があるから生を全うできる。
それは、
何かモットもらしい答えでもある。
でも、

違う。

それでは、
迷う?

死を前提にして生きる。

それは、

どのような生き方なのか?

わからない。
死の前?
すべてが無意味になる。

窓の外は曇り空…

心模様、

空に映す。

雨が降る。

私は雨を降らしている。

だから、
今を生きる。
懸命に…

悩み多き人間社会で働き、

社会で学び、

自分自身に満足して、

決して文句も言わず、

誰かを愛し、

家庭を持って、

子孫を生み育てて、

世間並みの生活を送り、

幸福に成ること、

一般常識を尊重して、

身近な他者、人類、国家に貢献する生き方?

これらのような生き方を受け入れることが
“生きる”ということへの回答になるのだろうか?

引用元-内閣府-https://www.facebook.com/caojapan-2

しかし、
人間は、

いつか死ぬ?

私も
あなたも…
そして、

私は恐い。

死ぬことが!
私は、
独り生きようと思うと
その瞬間に死が持つ不安、無、虚無、虚しさが襲ってくる。
その感情にポジティブなものはない。
恐い?
恐ろしい?
を恐怖する私は弱い人間だ。

は、

小さき人間に何かを与え!

死は、

小さき人間からすべてを奪う。

自分が無くなる。

自分が消える。

それは、

強い恐怖の感情を呼び起こす。
この事実に正気が保(たも)てない自分がいる。

それが生きること?

それとも、
自分は何かに甘えているのか?
でも、
私は思う。
いつか死ぬ。
どのように生きたらいいのかと…

は、

不確実、
そして、
強い確信が持てない。

は、

確実、
そして、
強い確信が持てる。

私は死ぬ。

そして、
誰もが死ぬ。
誰かが死んでいる。
そんなことを心に思いながら私は日常を生きている。
死は、
免除されない。
死を完全に忘れることはできない。

死という事実から逃れられない。

決して、

逃げられない。

逃亡する遊星のように…
私は、
生と死の間にある”宙”(ちゅう)に浮いている。

浮かされている。

私の意思はどこに…
しかし、

私は、

生きている。

私は、

生かされている。

あなたも

死は与えます。
生を支えるために必要なモノを小さき人間たちに与えます。
歓喜、

感情、苦悩、労働、

意味、人間性、バランス、忘却、

他者の存在、愛情、コミュニケーション、

学び、快楽、失望、希望、アンバランス、興味、関心、欲望…
この
瞬間も

宇宙の時間は流れていく

それは、

無常

でも、
あなたは、

生きている。

死を”想い”ながら…
そして、
闇の果てでは星が輝く!

流すは無知の涙、

流星の雫…