【世界の偉人伝説】伝説の喜劇王!チャップリンの生き方!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
無料幸運-東京占い無料幸運-

チャップリン?

アメリカの俳優?

チャップリンは、
実は、
イギリス生まれで、
アメリカで成功した伝説の喜劇俳優です。

チャップリン(1889~1977)!

チャップリンは、

イギリスのロンドン!

貧しい家に生まれました。
チャップリンの実家は、

旅芸人の家です。

いつも、

飢え、差別と

一緒に移動しながら生活していました。
その生活は、

本当に苦しかったようです。

チャップリンは、
正規の教育は、
受けたことがなく、
母親が字の読み書きを教えました。

エジソン同様、

チャップリンは、

学校に行っていないのに

成功したから偉いという論調があります。
しかし、
それは、

違います。

チャップリンは、

エジソン同様、

独学の人だったのです。

彼らは、

自分自身で
試行錯誤をしながら学んだのです。
そんな、
チャップリンも
18歳になると兄の薦めで小さな劇団に入ります。

彼は、

そこで、

台詞(せりふ)を

用(もち)いずに
身体だけで演技を行なう

パントマイムの手法を学びます。

そして、

1910年、

チャップリンは、

単身渡米!

人生を賭けた勝負の時代に入ります。

チャップリンは、

路上や小さな劇場でパントマイムを演じます。
すると
周囲の人は、

拍手喝采!

チャップリンは、

喜劇俳優の道を歩みます。

その後、

チャップリンは、

一年間に30本以上の映画に出演します。
当時の映画は、

声のない無声映画です。

彼は、

独自の動き、

独自の演技だけで観客を惹きつけました。
チャップリンは、

米国だけではなく、

世界中で、

日本でも、

顔を真っ白に塗りこみ

山高ぼうをかぶり、

多くの人を映画館で魅了しました。
そして、

チャップリンは、

自分自身が成功しても、常に弱い立場の人や可能性の芽を持った人の視点に立ちました。チャップリンは、自分の生い立ちや役者家業の苦しさを決して生涯、忘れませんでした。

その後、

チャップリンは、

労働争議、労働問題、戦争、差別、格差社会、貧困、共産主義、全体主義など当時の世相を反映させた社会風刺映画である『独裁者』、『殺人狂時代』、『ライムライト』のようなヒット作を連発します。
しかし、
チャップリンの

時代に抗(あらが)う姿勢は、

あの
自由の国、

アメリカでも

反感をかうようになり、

チャップリンは、

晩年をスイスに移住して過ごしました。
ハリウッド映画の一時代を築いたチャップリン!
彼の業績は、

大きいです。