【世界の偉人伝説】近代オリンピックの父!クーベルタンという生き方!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
無料幸運-東京占い無料幸運-

あの時!
プロシア(ドイツ)との戦争に負けたフランスは、

誰もが

意気消沈していました。

そんな、

沈んだ
空気を纏(まと)った
フランス社会に一人の教育家が立ち上がった。
その男の名は、

クーベルタン!

クーベルタン(1863~1937)は、
フランスの教育家であり貴族でした。

彼は、

プロシアとの戦争で荒(すさ)んだ世の中に希望を与えることを自分に誓います。

フランスの若者たちよ立ち上がれ!

そして、
銃ではなく、

スポーツで正々堂々、公平に戦おう!

教育家であったクーベルタンは、

自分の専門を

武器に座学だけではなく、
身体を動かすスポーツに新しい教育の希望を見出します。

身体を動かすこと!

フィジカル!

身体性!

そんなことを一人、
クーベルタンは、

考えながら、

自費で

イギリス、

アメリカのスポーツ教育を勉強するため世界を周ります。
そして、フランスに帰国したクーベルタンは、世界の人間がスポーツで競い合う大会を開催することを提案します。
彼は、

仲間を集めて奮闘します。

そして、

クーベルタンは、

ドイツの学者から千年以上前の古代に
オリンピックという運動会が開催されていた話を聞きます。
「 それだ! 」とクーベルタンは、行動にうつします。

クーベルタンは、

古代に行なわれていた
オリンピックを現代で開催しようと奮迅します。

オリンピックが開催できれば、

世界中の青年たちが銃を持たずに競い合うことができる。
しかし、
クーベルタンの前途は、

多難でした。

彼の

提案に、

どこの国も
真剣に取り合おうとしませんでした。

「 いかん!いかん! 」

クーベルタンは、

一人で世界を周り、

この大会の意義を各国の要人たちに説明しました。
そして、

運命の日を迎えます。

1894年、

パリで行なわれた

国際会議でクーベルタンの構想が提案されました。
そして、

長い議論の末に

オリンピックの開催が決定されます。

クーベルタンは、

この大会の意義を勝敗ではなく、いがみあう国家同士の代表が参加することに強い意義を求めました。
オリンピックは、人種、宗教、貧富の格差、政治体制を超えて選りすぐりのスポーツ選手たち参加し競技しあうことに意義があるとクーベルタンは、言い残しています。