【世界の偉人伝説】アメリカを独立させた初代合衆国大統領ジョージ・ワシントンという生き方!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
無料幸運-東京占い無料幸運-

みなさんは、
ジョージ・ワシントンをご存知ですか?

ジョージ・ワシントン!

そうです。

ジョージ・ワシントンは、

アメリカ合衆国をイギリスから独立させた初代合衆国大統領です。
そして、

ジョージ・ワシントン(George Washington /1732~1799)は、

“走らない正直者”として有名です。
そんな、
ジョージの人柄を示す逸話が残っています。
それは、

「 ワシントンと桜の木 」という話です。

ある日、
ジョージは、
父親に呼び出されます。
ジョージ父親「 けしからん! 誰だ、わしの大切な桜の木を切った者は! 」
ジョージ「 親父!オレだよ! 」
ジョージ父親「 なぜ、お父さんの大事なモノを切ったのだ! 」
ジョージ「 オレは、新しい斧(おの)で試し切りをしたかったんだよ! 」
ジョージ父親「 そうか!お前は偉い!正直に理由を話したから許してやろう! 」
これが、

「 ワシントンと桜の木 」の逸話です。

でも、
この逸話は、
誰かによって創作された話だとも言われています。

しかし、

ジョージが正直者だということは、

本当だったようです。

「 ワシントンと桜の木 」の逸話?

令和時代の現実ニッポン社会なら、

子供が
正直に親に話しても。
または、嘘をついても親は子供をボコボコにするでしょう。
天体望遠鏡を自動車にぶつける自動車保険のTV・CMなんか見ていると、そんな気がしてきます。
それが

余裕のない人間の世の中、

それが、
世知辛い、

親子関係でもあります。

そして、親は、最後に子供から…
ジョージの親父は偉い!

ジョージが子供の頃、

アメリカは、

イギリスの植民地でした。

そんな時代に
青年になったジョージは、
イギリス植民地軍の立派な士官になりました。
すると、アメリカ大陸を二分していたフランスとイギリスが戦争になり、ジョージは、イギリス軍に参加してフランス軍と戦います。そして、イギリス軍がフランス軍に勝利して、アメリカを支配します。
しかし、

イギリスは、

フランスとの戦争で財政が悪くなっていました。
そこで、アメリカ大陸の植民地に重税を課します。悪名高い、印紙法により、新聞、雑誌、あらゆる紙に税金をかけました。植民地の人たちは、この税金に激怒します。
次にイギリスは、アメリカの植民地でインドで余ったお茶を高額で売りつけようとしました。
それに対してコーヒー党の植民地の人々は、ボストン港に入港したお茶の運搬船を襲撃します。
するとイギリスは、ボストン港を閉鎖して、植民地の人々に実力行使で挑みます。
そこで植民地の人たちは、議会を招集してジョージ・ワシントンを司令官に任命します。
そして、
植民地の人々は、

イギリスと正面から戦うことを決意します。

ジョージは、
民兵を率いて、
イギリスの正規軍に挑みました。
彼は、

戦います。

そして、
1776年7月4日にアメリカは、

独立を世界に宣言します。

しかし、
独立宣言後も戦いは、

終わらず。

苦しい日々が続きます。
ジョージが率いたアメリカ独立軍は弱いのです。

イギリスの正規軍には敵(かな)いません!

でも、

それから、

どうにか奮戦して植民地軍は、

イギリス軍に勝つことができました。

戦争が終わると、
ジョージは、

田舎に戻り、

農園を経営します。
しかし、
そんな、

平和な生活を

歴史が与えた使命は、

ジョージには、

させてくれません。
イギリスから

独立したアメリカは、

当時、十三州しかありませんでした。

どの州も仲が悪くまとまりがありません。

そこで、
これらの州を束(たば)ねる議会が作られました。
そして、

ジョージが

みんなの推薦を受けて、
設立された議会の議長になります。それでも、十三州は、仲が悪く、まとまらないので、大統領制を敷きました。そして、ジョージ・ワシントンが選挙で初代合衆国大統領に任命されます。

1796年、

二期目の大統領をつとめたジョージは、
三期目の出馬を辞退して、

田舎の農園に戻ります。

それから、ジョージが大統領を辞めた後の1800年にジョン・アダムズが合衆国大統領に就任して、合衆国の首都をワシントン市に決めました。
そして、

ジョージ・ワシントンは、

農園でひっそりと死んでいきました。
ジョージは、
教えてくれます。

正直な心で生きる大切さを…

そして、

あなたは、

自分の人生を正直に生きているのでしょうか?
そんな、

立派なジョージも

農園時代のSEXゴシップも多く、

興味がある方は、

グーグルで検索してみてください。