【世界の偉人伝説】結核に挑んだ男!コッホの業績を知る。-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
無料幸運-東京占い無料幸運-

みなさんは、
コッホをご存知ですか?

コッホ?

違う!違う!そうじゃない!

ゴッホ?

違う!違う!そうじゃない!

コッホです。

コッホ(1843~1910)は、

ドイツを代表する細菌学者です。

コッホは、
大学でパスツールの下(もと)で生物を勉強しました。
その後、

コッホは、

大学で医学を専攻して、
大学卒業後は医者(医療関係の技士)になります。

医者になったコッホは、

ボルシュタインという田舎町で働きます。
その当時、この町では、たんそ病という家畜を殺す病気が流行っていました。
この病気に感染すると口から黒い血を吐いて、

家畜が死に至ります。

この
病気は、
当時のヨーロッパで

猛威を振るっていました。

そして、

コッホは、

この病気に一人、挑みます。
コッホは、顕微鏡を片手に1876年に死んだ家畜の血液から病原体を発見します。
コッホの発見により医学界では、細菌学ブームが巻き起こります。
そして、

コッホは、

人類を悩まし続けてきた難病に挑みます。
その難病の名前は、

結核です。

当時、
結核は、

不治の病でした。

そして、当時の権威ある医学界では、結核という病は、遺伝性のものであり治らないという学説が定説化していました。
しかし、

コッホは、

そんな考え方に同意しません。
コッホは、当時の医学界に一人、顕微鏡を刀(かたな)にして立ち向かいます。

コッホは、

自分の経験と知識を頼りに結核の原因を探り始めます。
そして、

コッホは、

1882年に結核菌を発見します。
その後、
医学界に衝撃を与えるツベルクリン治療薬を1890年に発表します。
これは、
結局、

治療薬にはなりませんでしたが、

ツベルクリン反応という結核予防で大活躍をします。
コッホの偉業は、たんそ病の病原菌を発見して、人類を長く悩ました結核の予防法を確立されたことです。

コッホは、

孤独な戦いに一人、

打ち勝ったのです。