【ワインの秘密】ワインの味?辛口と甘口を分けるものは何?-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
ワインを楽しむ-東京占い無料幸運-

ワインには、

辛口と甘口があります。

それは、

ワインを作る際に甘口は、

原料に甘い葡萄を使い、

辛口は、

酸味が強い葡萄を使うからです。
しかし、
これは、

嘘です。

ワインの味!
ワインの甘口と辛口を分けるのは、

葡萄の糖度ではなく、

その発酵時間によって決まるのです。
辛口のワインを作る際には、ワインの発酵時間が長くするため糖分の分解が早く進み辛口になります。
その反対に甘口のワインを作る際には、ワインの発酵を遅らせる必要があるため発酵の途中でアルコールを加えたりして、発酵時間を止めさせます。
これは、

ワイン以外のお酒でも同じです。

甘口のワインを作る際には、

発酵の時間を止める努力を行なうのです。

しかし、
これは、
高級なワインの話で、
一般のディスカウントの酒屋やコンビニで売られている安いワインでは、甘口を作る際に濃縮された果汁を糖分のかわりに入れたりしています。
しかし、

高級なワインは違います。

高級なワインでは、貴腐(きふ)葡萄のような天然の糖分が豊富な原料を使用して甘口のワインを作ったりしています。

ワインの世界!

本当に奥が深いですね。
是非、
みなさんも
おいしいワインを飲んで、
アダルトタイムを楽しんでください。