【世界の真実】衝撃!アフリカ大陸の最南端は喜望峰ではない!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
無料幸運-東京占い無料幸運-

みなさんは、
喜望峰という場所をご存知ですか・

喜望峰(きぼうほう)は、

アフリカ大陸南端にある岬です。
喜望峰は、1488年にポルトガル人の大冒険家バルトロメウ・ディアス/ポルトガル語: Bartolomeu Dias de Novais [baɾtuluˈmew ˈdi.ɐʃ], 1450年頃 – 1500年5月29日)により発見されました。
当時の航海技術でアフリカ大陸の果てにたどり着くことは、人類が月面に着陸するほどの難事業でした。
B・ディアスが喜望峰を見つけたときは、「嵐の岬」と呼んでいました。
喜望峰という言葉は、アフリカ大陸を乗り越えてインド大陸にたどり着けるという希望の意味を込めて、後(のち)のポルトガル国王が「喜望峰」と命名しました。
しかし、

「喜望峰」は、

アフリカ大陸の最南端ではありません。
アフリカ大陸の最南端は、「喜望峰」より、さらに南に150キロ以上にある「アガラス岬」です。
ですから、

みなさんは、

覚えてください。
アフリカ大陸の最南端は、
「喜望峰」ではなく、

「アガラス岬」であることを…、

なお、
「喜望峰」と「アガラス岬」がある国は、
アフリカ最大の経済大国であり、長きにわたり人種隔離政策、アパルトヘイトを行なっていた南アフリカ共和国となっています。