【七つの大罪】成功法則!人生を狂わす七つの大罪を知る!-東京占い無料幸運-

七つの大財- Seven great properties-
七つの大罪-東京占い無料幸運-

七つの大罪、

ななつのたいざい、

ラテン語、

septem peccata mortalia,

英語、

 

Seven Deadly Sins,

SDSとは、

キリスト教、

西方教会、

おもにカトリック教会における宗教用語です。

「七つの大罪」は、

ラテン語、英語が持つ意味は、
「七つの死に至る罪」ですが、
「罪」そのものというよりは、
生まれながらに

原罪を持つ人間を

人倫に
触れる罪に
導く可能性があると
見做されてきた欲望や
感情のことを指しています。

「七つの大罪」?

 この言葉の歴史をたどると、四世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスの著作『修行論』に八つの「人間一般の想念」として現れたのが起源とされています。
 そこでは、キリスト教の正典である聖書の中で七つの罪源について直接に言及されてはいないが、その罪深き人間が行う忌まわしい罪の八つの想念は、エヴァグリオスによると「貪食」、「淫蕩」、「金銭欲(強欲)」、「悲嘆」、「怒り」、「怠惰(アケ-ディア)」、「虚栄心(自惚れ)」、「傲慢」となっています。
七つの大罪、

節操のない一般大衆、

小人、

偽善者、

イジケタ人間、

精神が貧しき人々、

信じもしない建前だけを
他人に押し付ける小市民たちが隠れて行う悪徳の数々…

むさぼり喰らう「貪食」、

性的な欲望に犯された精神と肉体の浪費である「淫蕩」、

カネ、カネ、カネ、「金銭欲(強欲)」、

幸福になる努力を怠る「悲嘆」、

利己的な動機に基づく「怒り」

*(この怒りは不正や不公平に対するものではない。)
怠ける心、

愛することも

愛されることも面倒くさい、

「怠惰(アケーディア)」、

下品な
マウンティング、
立場が弱い人への自慢など、

「虚栄心(自惚れ)」、

他者の

存在に

配慮しない
自己保身のためだけの「傲慢」…

キリガナイゼ!

しかし、

七つの大罪は、

それぞれ次の美徳に対応しています。
暴食⇔節制、

色欲⇔純潔、

強欲⇔慈善・寛容、
憤怒⇔忍耐、

怠惰⇔勤勉、

嫉妬⇔感謝・人徳、

傲慢⇔謙虚。

だから、
あなたは、

原罪を背負いながらも

「七つの大罪」をちょっとだけ犯しながらも、

暴食⇔節制、

色欲⇔純潔、

強欲⇔慈善・寛容、

憤怒⇔忍耐、

怠惰⇔勤勉、

嫉妬⇔感謝・人徳、

傲慢⇔謙虚。

たったの
これだけを
意識していれば、

日本の神仏は、

そして、
宇宙、

大自然の法則は、

人間社会で何かあったときにあなたを助けるはずです。

まあ、

あなたの
信じる宗教や
思想に関係なく、
昔の

偉い人が説いた

「七つの大罪」を頭の片隅に入れておきましょう!
なお、
この「七つの大罪」という戒め(いまし)は、
基本的に
キリスト教の思想、
教えの一つですが、
この戒(いまし)めの歴史をネットで調べてみると
決して、
それだけというわけでもないようです。
ですから、
古今東西の
宗教や宗派に関係なく、
誰もが
一回しか
生きられない
貴重な人生を失敗させないためにも必要な考えだと、

Copernicusは、

思います。
そして、
考えます。