【信州への旅/長野県へ行く】妖しい世界!戸倉上山田温泉の伊東園ホテルズで休暇を過ごす。/Part 2-東京占い無料幸運-

山梨県と長野県を旅する。-Traveling Yamanashi Prefecture and Nagano Prefecture-
長野県への旅-戸倉上山田温泉-伊東園ホテルズ-東京占い無料幸運-

昨晩は、
深夜0:00に就寝した私は、

午前5時に

目が覚めた。
昨晩、

飲んだ酒を

抜くためにも

風呂場に向かった。

ゆっくり風呂に入り、

冷たい水を飲んでから、

私は、
初夏の朝日が
眩しい千曲川沿いを歩いて、
午前7時からの朝食バイキングに挑んだ。
ゆっくりと
朝飯を食べてから
今日の観光目的地である

野尻湖、

蕎麦が

有名な

戸隠へと

高速を利用して車を飛ばした。

そして、
観光地を巡ってから、

午後4時に宿へ帰ってきました。

それから、

ゆっくり風呂に入り、

午後6時からバイキングに挑みました。
また、
食事のメニューは、

昨晩と同じです。

それでも、

いいんです。

私は、
冷たい

生ビール!

焼酎のロックを楽しみました。

私は、

部屋に
戻ってから
仕事のメールを確認して、

仮眠をとりました。

時間は、

午後九時!

私は、
フロントに鍵を預けて、

夜の街を散策しました。

夜の街?

戸倉上山田は、

それが有名な温泉街です。
私は、
フラフラと

妖しいスナック街を歩きました。

そこは、
一区画、

数十メートルの通路だけでしたが、

どこか東アジアの国を彷彿させる客引きが行われていました。
私は、

あまり人気がなく、

声がかけられませんでした。
多分、

私の

風貌が黄色い

マイケル・クラーク・ダンカンのようだから?

しかし、

この感じ?

遠き昭和の夜を思い出させます。
今の
若い人には、
わからないかもしれませんが、
昔のオンボロ中小企業の新入社員の社員旅行は、

日本中に

点在する歴史と文化が濃厚な、
こんな感じの温泉街に慰安旅行に行くのでした。
私は、
独り、妖しいスナック街を

グルっとパクっと一周してから、

ファミリー・マートに入り、酒と珍味を購入!

独り、

宿の部屋で

2018年に

上陸を果たした

北海道の礼文島を

思い出すサッポロの冷たい黒ラベルの缶と楽しみました。
是非、

学生さん、

若い人も

男女を問わず戸倉上山田の夜を歩けば、
昭和の空気が味わえるので戸倉上山田に宿泊してみましょう。