【人間の生き方】新しいひきこもり?人生に絶望した青年は島を目指す。沖縄テント生活?-東京占い無料幸運-

-アウトドアの世界-
沖縄テント生活-東京占い無料幸運-

嗚呼、
あなたは、

自由になりたい。

嗚呼、
あなたは、

一人になりたい。

嗚呼、
あなたは、

誰かに愛されたい?

そんな、

「 東京占い -無料幸運- 」読者の

気持ちを
”想い”ながら
夜中にCopernicusが一人、
アサヒの発泡酒を飲みながらネットを
さ迷っていたら、
本州、
和歌山から沖縄に移住して、
テント生活をしている青年のブログを発見しました。
この
ブログを
書いている青年は、
東京の大学を卒業後、
和歌山県の串本に移住して、
郵便配達のアルバイトで生計を立てながら
ラフなスタイルな田舎生活をしていたようです。
そうです。

彼は節約家のポストマンなのです。

そんな、

和歌山

人生の諦念を
抱いた青年の名前は、

”わたぐも”と言います。

この
青年の
ブログを
パっと見た感じ非常に理知的で
自分の人生を深く、じっくり考えているような気がしました。
今の
時代は、

若者殺しの時代です。

これは、
若者だけではなく、
中高年の人も家族持ちのオッサンも
未来に希望を抱けない毎日と格闘しています。
そのような諦めの時代に

一人、

打算と欲望、
そして、

損得だけで

構成された人間の群れから離れて
孤立して

孤独に

そして、

真摯(しんし)に

自分の人生と向き合う青年が書く、

 

沖縄テント生活です。

なお、

2020年、

現在では、
「 海辺の空き家で静かに暮らす。」!
という村上春樹の本のタイトルのようなブログを運営しています。
そして、
“わたぐも”氏は、

自分勝手で

世間知らずで

無知で

ワガママで

汚らしい若者ではなく、

昔なら

禅寺なんかで

修行をしているような感じの好青年だと思われます。
多分、

“わたぐも”氏は、

TBS系列で放送された
人気テレビ・ドラマ「ピュア・ラブ」に
出てくる雲水・遠宮陽春みたいな人だと思われます。

Copernicusは、

面識は、
ありませんが
“わたぐも”氏のブログを読んでいて、

そんな気がしました。

是非、
人生に
行き止まり感を
抱いている若者は、
“わたぐも”氏のブログを読んでみてください。
本当に
今の
日本は、
苦しいです。
そして、

令和の時代へと

誰もが歩みを止めません。
だから、
あなたは、

生きよ!

風に

吹かれて

平成の
お笑い界を変えた
猿岩石が謡う「白い雲のように」ではなく、
一人、

犀(サイ)の

角(つの)のように
空を進む

“わたぐも”氏のように…

そして、

いつの時代も

真剣に

生きようとする人間は、

常に

さ迷う

社会と

個人の狭間の中で…

そんな、
彼の人生の行方に注目せよ!