【運に呼ばれる人になる】「運を呼び込む正しい作法」人生の成功方法を教えます。/vol.6-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
運に呼ばれる人になる-「東京占い-無料幸運-」

人間、

必死に

生きていれば、

人生の

どこかで

必ずピンチに遭遇します。

財務省の

事務次官も

国会の証人喚問に呼ばれます。

弁護士、

検察官、

最高裁判事も

自分の不始末で

訴えられることもあります。

医者も癌で死に警察官も逮捕されます。

これが

人生というものです。

これは、

ややネガティブな

たとえでしたがオリンピックを

目指すアスリート、日々、試験勉強や

学問に打ち込む人、売れない役者、芸術家、

周囲の顔を伺(うかが)い生きるサラリーマン、

個人でビジネスをしている人も思わぬ失敗で人生のどこかで躓きます。

年を

重ねれば

わかりますが

自分自身を含めても

周囲は敗者ばかりです。

また、

勝者も

それなりの

代償を払っています。

しかし、

人間の一生は、

死ぬまでわかりません。

ですから、

あなたが

まだ、

若ければ、

必ずチャンスは巡ってきます。

たとえ、

あなたが

60歳でも、

90歳の人から見れば、

チャンスは、あるのです。

しかし、

入試、

採用試験、

難関資格試験、

起業、転職、出世競争、

結婚、離婚、開業、廃業と

人生を賭けた勝負で負けることは、

やはり、大きな人生のダメージになるでしょう。

「天は自ら助くる者を助く」という言葉があります。

この言葉の意味は、

人生の勝負で失敗したときに

誰かに頼って、

失敗を誰かのせいにしているから、

幸せがこない!

なんでも、

自分の失敗を

他人のせいにする前に、

自分で

努力をしてみてはどうかという

自助論を説いた言葉です。

この言葉は、

“運”を

呼び込むためにも

覚えておく必要があります。

自分の失敗を

自分でもがき

苦しんだ結果、

“運”は、

最大級の幸福を

苦しむ、あなたに運んでくるでしょう。

とにかく、

苦しい時は、

徹底的に

もがき苦しむことに限ります。

これに性別は関係ないです。

男でも、

心の中で

涙が枯れるまで

泣けばいいのです。

どこまでも墜ちて地獄にハード・ランディング!

人間は、

不思議なことに

そんな状況でも心臓が脈を打っているのです。

そして、

あなたが

墜ちたポイントから

上を覗くのです。

そこには、

青く澄み切った空が広がっているはずです。

後は、

這い上がるだけです。

その際に以下の作法を守ってください。

決して、

他人のせいにしない。

そして、

周囲を

愛する心を持つ。

あなたが

この

二つの作法を

守らなければ、

激しい

自己嫌悪に陥り、

“運”を逃すことになるでしょう。

必ず、

あなたの

目の前に

命綱がぶら下がっています。

だから、

あなたは、

正面の現実だけを

直視せよ!