【日本闇観光】「ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活」を読む!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
日本の闇-東京占い無料幸運-

今回、

「 東京占い-無料幸運- 」が

紹介する一冊は、

日本の

ドヤ街を代表する

大阪の

西成区、

あいりん地区を取材した一冊です。

その本のタイトルは、

「 ルポ西成
  
  七十八日間ドヤ街生活 」!

著者は、

國友公司さんです。

出版社は、

彩図社 (2018/9/27)です。

値段は、

1,620円!

ページ数は、

244ページです。

著者の

国友氏は、

大学在学中から

出版関係の世界を志し、

就職に失敗!

現在、

フリー・ライターとして、

ご活躍されています。

この

「 ルポ西成
  
  七十八日間ドヤ街生活 」は、

シャブ中、

指名手配犯、

ヤクザ、博打場、

前科者、暴動、貧困、飛田、

無修正DVD、日本の闇、日本の労働問題、生活保護…

と大阪の

マイナスイメージとして

全国区で

有名な

西成区の

あいりん地区で

2カ月半に及ぶ著者の

生活体験をまとめてみた一冊です。

GE

西成区、

あいりん地区で

78日間の体験を記した渾身のルポ!

読了感は、

大阪を

知らない人にとっては、

刺激的な本ですが

その

内容と

文章の表現は、

やや差別的な印象を受けました。

土地の

名前と

そこに

流れ着いた人間を

総称にしてしまうのは、

どうかなと思います。

GE

しかし、

国友氏の

強みは、

その

西成区、

あいりん地区での

実体験という誰にも

真似ができないオリジナリティな物語は、

刺激的で面白く、あっという間に読んでしまった。

Copernicusも

若い時に

大阪出身の

友人と

西成区の

あいりん地区に

行ったことがありますが

大阪人でも

西成区、

あいりん地区の話は、

あまりしたがらないもので、

興味本位で

いろいろ聞いたら、

嫌な顔をされました。

この本を読みながら、

私は、

その友人に対する若い頃の非礼を思い出しました。

是非、

日本の闇、

東京の

南青山と正反対の

世界を知りたい人は、

この本を手に取ってみてください。