【ワインの世界】アダルトタイム!白ワインの原料になるブドウの種類を知る!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
ワインを楽しむ-東京占い無料幸運-

さあ、

これから

うまい

おいしい

オシャレな

ワインの

原料を

学びましょう!

日本は、

長期的な

経済不況ですが

近所の

スーパーや

ネットの通販サイトを覗けば、

世界中のワインが売られてます。

しかも、

手ごろな値段で瓶詰の

テーブル・ワインが楽しめます。

でも、

どの

ワインを

買ったらいいのかわからない?

その際に

下記の

ワイン原料、

6種類を知っていれば、

あなたもソムリエ並みにワインを楽しめます。

【白ワインの原料】

1.ピノ・グリ

世界中で多く飲まれているワイン品種です。

ブドウは、ヨーロッパ系品種のぐりブドウを使用しています。

味は、厚みがあり、やや苦い風味が病みつきになる。

2.プティ・マンサン

香りが豊かで、味に厚みがある。

比較的、

育てやすい

ブドウ品種のため

世界中で栽培されて、ワインの原料になっている。

3.シャルドネ

THE白ワインの代表!

ヨーロッパを

原産として、

味が強く、

値段も

安価なモノから

高価なモノまで豊富である。

4.デラウェア

デラウェア種といえば、

生食用として、スーパーでも売られているブドウです。

デラウェア種で作られたワインは、値段も安価で飲みやすい。

特に

その

抑制気味の

甘さと香りで

和食との相性がとても良い。

5.ソーヴィニヨン・プラン

香りが

豊かで

酸味が強く、

辛口!

ヨーロッパを

原産とした品種で、

香りに

奥ゆかしさと爽やかさが

共存しており、大人の時間を楽しめる。

6.甲州

日本を

代表する

甲州ワインの原料です。

この

ワインに

使われる

ブドウの品種は、

日本原産のグリブドウで、

日本原産のワインに一番、多く使用されています。

甲州!

日本人のための

日本人のワイン原料といえるでしょう。