【ワインの世界】アダルトタイム!赤ワインの原料になるブドウの種類を知る!-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
ワインを楽しむ-東京占い無料幸運-

さあ、

これから

うまい

ワインの

原料を学びましょう!

日本は、

長期的な

経済不況ですが

近所の

安売りスーパーや

ネットの通販サイトを覗けば、

世界中のワインが売られてます。

しかも、

手ごろな値段で瓶詰の

テーブル・ワインが楽しめます。

でも、

どの

ワインを

買ったらいいのかわからない?

その際に

下記の

ワイン原料、

6種類を知っていれば、

あなたもソムリエ並みにワインを楽しめます。

【赤ワインの原料】

1.プティ・ヴェルド

フランスでは、

ブレンド用の

品種として栽培されている。

日本では、

ブレンド用ではなく、

単独でワインとして流通している。

2.ツヴァイゲルト

オーストリアの原産種であり、香りが良い。

この

香りは、

花、

ハーブの匂いがします。

口当たりが

繊細でロゼのようなワインです。

日本では、

気候が

冷涼な

北海道、東北地方で多く栽培されている。

3.メルロ

ボルドー系の品種で

味に

厚みがあり、

THE赤ワインといった感んじの口当たり。

4.カベルネフラン

香りが

柔らかく

上品な口当たりです。

赤ワインのビギナーにはおススメです。

5.ピノ・ノワール

ワインの王様であるロマネ・コンティに使われる品種で、

香りが深く、

一度、

飲んだらワインの世界から逃れられなくなる。

そんな、

ワインです。

6.マスカット・ベリーA

味が厚く、

香りが良い。

この香りは、

とても、

優しく、

まるで、

イチゴのような甘い香りがする。

甘い味覚の方に適したワインです。