【イスラム国の真実】「THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語」を読む!-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
ISBN-10 4491036179ISBN-13 978-4491036175 (2)

今回、

「 東京占い-無料幸運- 」が

紹介する一冊は、

2018年に

ノーベル平和賞を

受賞したナディア・ムラドさんの自伝です。

本の題名は、

「 THE LAST GIRL

  イスラム国に囚われ、

  闘い続ける女性の物語 」

著者は、

ナディア・ムラドさん

翻訳は、

吉井智津さんとなっています。

GE

本の

値段は、

1,944円で

ページ数は、

430ページです。

気になる出版社は、

東洋館出版社 (2018/11/30)です。

本書の

テーマは、

深刻です。

戦争や紛争における

性暴力について、ナディアさんの

実体験をもとにした物語となっています。

貧しくも平和な村で、家族と平穏に

暮らしていたナディア・ムラドさんは、

イスラム国が

台頭してきた

2014年に家族を殺され、

性奴隷としての役目を背負わされてISISに囚われます。

GE

そして、

自力で

絶望的な状況から脱出を試みます。

この本は、

冒頭、

イラクの

辺境で起きた

異教徒への容赦ない

虐殺から始まり、拉致、

組織的な暴力、凄惨なセックス、

決死の脱出をノンフィクションです。

ナディアさんは、

この本を出版した理由を

下記のように述べています。

「 この世界で

  このような

  体験をする女性は、

  私を

  最後

  ラスト・ガールに

  するために 」…

一人の

女性の

身に起こった、

生還と

闘いの物語!

興味を

持たれた方は、

是非、

手に取って

読んでみてください。

人間、

生きようとする意志で、

絶望の道でも拓けるのです。