【時事占い/政治経済】2018年に勃発したフランスのデモを占う-東京占い無料幸運-

政治経済と占星術
時事占-東京占い無料幸運-

現在、
フランスでは、
化石燃料に関する税金の値上げが原因になって大きな暴動が起きています。
今回、

「 東京 占い -無料幸運- 」は、

このフランスで起きている暴動の原因について占ってみたいと思います。
まず、占いの結果ですが、この暴動の原因は、化石燃料の値上げだけではないということが強く占果(SEN-KA)に表われていました。
そして、この暴動の原因を作った人物は、一人だけです。それは、現在のフランスの大統領であるマクロンさんだということです。
そして、この暴動のエネルギーは、パリ以外の地方に住む第一次産業に従事している人から発せられています。その不満と怒りのエネルギーが高速道路(風水的な見方)を通って都市部へ流れた結果、フランスの首都であるパリで爆発したと考えられます。
そして、この暴動のエネルギーを増幅させたのは、若さ、失業、経済格差となっています。
さらに詳しく占果(SEN-KA)を読むと、この暴動は、根が深く、深刻です。それは、政治経済を占う際に重要なファクターとなる左翼と右翼の思想的な対立が、この暴動には表われていないのです。
ここで、占果(SEN-KA)をまとめてみますと、この暴動は、中流以下のフランス国民、若い人、失業者、地方の農家などの不満、怒りの想いが行動になった結果だということです。
さらに詳しく占うと暴動の原因には、大きく中央銀行の政策が影響しているということです。
この暴動の原因を生み出したマクロン大統領を裏で動かしているのが中央銀行の意向だということです。
不思議なことに何度も星座の配置や星座の角度を変えて占ってみても、銀行というタームが頻繁に出てきました。
最後になりますが、この暴動は、これから一時的に鎮圧されて、フランスも平穏な日常に戻るでしょう。
しかし、そのエネルギーは、地下に潜ったまま、今後も増幅されていくでしょう。特に心配なのがフランス国内の右翼寄りの人々の行動です。このフランス経済の停滞と若い人の失業率が生み出す経済格差が右翼と左翼の思想的な対立となる壁を崩していることです。
もし、この二つの考えがクロスしたとき人々にアクションが起きれば、その時、現・政権が転覆することになるでしょう。
そして、その影響は、近隣の国にも波及します。フランス同様に隣国の大国ドイツでも、今回のフランスのような大暴動が勃発するかもしれません。