【運に呼ばれる人になる】「答えを求めないことが”運”を呼ぶ。」人生の成功方法を教えます。/vol.4-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
運に呼ばれる人になる-「東京占い-無料幸運-」

私たちが

生きるている世界は、

出鱈目(でたらめ)の世界です。
しかし、
現代人の
私たちは、
科学技術が進み、
数学的思考法が広まった世界で生きています。

誰もが

小さい時から
学校などで答えがある課題を解かされ、
そして、
これらの
課題の答えの数を
多く知っている人が

世の中では、

出世していきます。
そんな、
環境で
現代の
日本人は、
育っているせいか
誰もが
何事にも
答えを求める
生き方をしています。
しかし、
この
世界に
確実な答えは、

用意されてはいません。

例えば、
あなたは、

なぜ存在しているのか?

宇宙の果ては、

どうなっているのか?

なぜ、
月は、
地球の周囲を

周回しているのか?

宇宙が
始まる前には、

何があったのか?

私たちは、

たくさんの

課題を

解く方法

いろいろな課題の
答えを知っているようですが
所詮、この程度のものだといえるでしょう。
そして、
私たち
人間を

取り巻く現象や

人間の心や精神の働きは、
とても複雑です。
例えば、
ある
金持ちで
しかも、
イケメンで
将来有望な
医大生の青年が
ある女性に恋をしました。
ある日、
その

青年は、

その

女性に

自分の
想いを

告げました。

そして、
その
女性は、
その青年の

恋人になりました。

しかし、
ある日、

その青年は、

その恋人をフリました。
そして、
なぜ、

彼女は、

自分がフラれたのかわかりません。

答えがわからない・・・

その女性は、
毎日、
自分自身と
その青年を責めて苦しみました。
そして、
その女性は、
その青年の心変わりを
一生涯、わからずに死んでいきました。

答えがわからない?

その

女性は、

その

青年の

心変わりの
答えがわからないため

一生涯、

不安な気持ちを
抱えて死んでいったのです。

そうです。

答えがない青年の心変わりに

答えを

求めた彼女は、
弱い人だったのです。
もし、
あなたが
自分の

人生を

大きく
変えるような

“運”

掴みたいと
思っているのなら、
何事にも答えを持たない姿勢が大切です。
そして、
何事にも

答えを求めない姿勢は、

強さであることを忘れないでください。

“運”は、

答えが
わからなくても
不安に陥らない強い人に訪れます。
決して、

“運”とは、

答えを求めて、
不安な
気持ちや恐怖を
抱いている人には、
掴むことができないのです。
特に
あなたが
人間社会で
人間関係という

ファクターで”運”を

掴みたいと思っているのなら
決して、
他人の行動や
他人の対応に

明確な答えを

求めてはいけません。
しかし、
生まれた時から
何事にも答えが
あるというような
錯覚した現代社会の
狂った空間で生きていると
私たちは、
このような
基本的なことを忘れがちです。
確かに

答えがあることは、

人間の

心に安心をもたらします。

そのような
答えを求めて、
進歩してきたのが

人類の歴史でもあります。

そして、
答えがあれば
自分の考えや行動に確証が持てます。
さらに
それらの
謎や課題の答えを
公式や数式にしたことで
宇宙を
探求する
科学や宇宙に
ロケットを飛ばす便利な
技術になったことも揺るぎのない事実です。
しかし、
本来、
私たちを
取り巻く
世界や現象には、

答えがないのです。

たとえ、
それらの
謎や課題に
答えがあったとしても、
それらの真理を人間が知ることは不可能なのです。
しかし、

求めることはできますが・・・

でも、
それは、
外洋を泳ぐ
マグロが水面に顔を出して
天体観察をするようなことと同じことなのです。
話が
ややオフ・コースしました。
何を
言いたいかといえば、
だから、
現代の
日本人には、
答えがないということが

大きな恐怖として、

または、

大きな不安として、

自分自身の
心や
精神を
弱くして、

“運”

遠ざける
大きな要因となっているのです。
ここで、
もう

一度、

言います。

“運”は、

弱い人には、
掴めません。

“運”は、

どんな逆境にいても
常に
答えを
求めない、
答えがなくても
不安
恐怖に陥らない、
心と

精神が

強い人の前に

出現するのです。

そして、
あなたが

“運”

掴みたければ、
何事にも

安易な答えを

求めてはいけません。

わからなければ、

わからないという生き方でいいのです。
でも、
これは、

答え

あることを
求めないとか

答え

求めるための
勉強をしないとか、
そういう意味ではありません。

注意が必要です。