【日本の会社】日本の財閥グループを知る。vol.1-東京占い無料幸運-

日本の会社研究-Research Japanese Companies-
日本の財閥グループを知る-東京占い無料幸運-

あなたは、

知っていますか?

日本の財閥グループを!

財閥

日本の財閥グループ!
この
言葉は、

就職活動中の

学生さんなら
一度は、聞いたことがあると思います。
また、
これから、
企業社会へ
就職を目指す方も
これらの企業に入りたいと
思っている人は多いと思います。
基本的に
これらの

財閥グループに

総合職、専門職で入ることができれば、
日本では、勝ち組の高級サラリーマンに分類されるでしょう。
これらの
企業に勤務していれば、
銀行での

ローン審査

すぐに通ります。
また、

独自の企業年金あります。

では、
これから
日本の財閥グループについて、
詳しく、見ていきたいと思います。
その前に

財閥とは、

何か知りましょう。

財閥とは、

大きな企業群を意味します。
この
たくさんの
企業が集まった群れ!
それらの

企業群を

財閥と呼んでいます。
そして、
企業群は、
同族(同じ一族)によって、
資本(おカネ)が出費され、
持ち株会社方式により、
それらの

企業群が

支配された

構造をしています。

日本では、
戦前まで、
三井、住友、三菱、安田
四大財閥が日本経済を支配していました。
もちろん、
誰が
支配していたかといえば
その
企業群を持つ、
所有する創業者一族が
日本経済を握っていたのです。
現在の韓国も
戦前の
日本の
状況と似ており、
新興財閥が大きな影響力を持っています。
でも、
日本では、
1945年に
戦争に負けて、
これらの
財閥グループが
日本の
軍国主義や
戦時体制を支えたとして、
ダグラス・マッカーサーが率いる
連合国総司令部(GHQ)が解体しました。
そして、

財閥は、

解体されたのです。
しかし、
その後、
財閥は、
新しい
企業グループとして生まれ変わり、
戦後の日本経済をけん引していきます。
しかし、
財閥グループといっても、
それらの
グループに属する企業は、
戦前のような
密な
感じで、
創業者一族が
株(支配権)を
牛耳っていたような、
濃い関係はありません。
現在では、
同じ
グループ同士で

数パーセントの

株を持ち合いしているだけの
似たような
企業風土や
独自の企業文化を持つ
企業群といった感じになっています。
また、
三菱、
三井、住友と
三大財閥グループは、
銀行、
商社、不動産、
工業、倉庫、自動車と
同じ業種が被るのが特徴的です。
財閥グループ
これらに
属する企業群は、
毎年、
有名大学の
学生達の就職希望先、
TOP10には、
必ず、

名前が

入っています。