【ブラックアウト】電気が止まる!災害時の停電に備える-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
地震-東京占い無料幸運-

ブラックアウト!
すべてが
闇に包まれる。

BLACK-OUT

突如、

地震、

津波、

台風、

豪雨で

電気が消える。

これは、
災害列島

日本

住む者にとっては、
他人事ではありません。
ということで、
今回は、
停電時の際に必要な
備えについて考えてみます。
まず、
停電時には、
必ず

懐中電灯

できれば、
省電力の
LED懐中電灯があれば、
灯(あか)りには不自由しません。
次に

ラジオです。

停電ということは、
スマホに
電波を送る中継基地も
ブラックアウトということで、
スマホで災害情報を得ることは難しいでしょう。
そのため、
ブラックアウト時は、
手元に
ラジオがあれば、
スムーズに災害情報を得ることができます。
また、
ラジオの情報には、
ネットとは、
大きく違いデマが
ないと思うので役に立ちます。
ラジオ以外にも

ワンセグ

携帯テレビもあれば便利でしょう。
そして、
この
ラジオも
普通の
乾電池式の
ラジオではなく
ソーラー充電式の

発電機能

付いているものがおススメです。
たとえ
微力でも、
発電機能が付いていれば、
スマホや充電池の充電が可能になります。
現代人の
必須アイテムであるスマホは、
災害時には
非力なもので、
災害時に設置される
スマホの臨時充電所には、

多くの人が列を並べます。

もし、
あなたが
そのような行列に
並びたくなければ、
手回しやソーラーパネルで
スマホが充電できる機材があるので、
一家に一台、そのような機材を用意しておきましょう。
災害時における
混乱した人ごみの
ストレスや不自由を考えれば、
このような機材におカネをかけてもいいように思われます。
とにかく、
停電時には、

懐中電灯

そして、

ラジオ

用意しておきましょう。
これで、
突如、
発生する

ブラックアウトでも

不安な夜を過ごさなくてすみます。
また、
このような時に備えて、
日頃から
キャンプ道具を
お持ちの方は、
いつでも使えるように

手入れをしておきましょう。

でも、
災害時は、

なるべく火器類の

使用は控えたほうがいいでしょう。
特に
室内での

ローソク、

ガスランタンの使用は、

危険です。

これは、
火事の元なのです。
だから、
なるべく、

災害時、

ブラックアウトの時は、
電池式の装備を用意しておくことが大切です。
最後に
なりますが
ブラックアウト後は、

火災も多いです。

その
原因は、
停電後の通電時に
ホコリ溜まった古い家電や
スイッチが入ったまま止まった家電に
急に電気が流れると火災の原因になるからです。
そのため、
もし、

ブラックアウト後に

自宅を
離れる際には、

必ず電気ブレーカー

切ることを忘れないでください。
たった
これだけのことで
地震、

台風、

豪雨で

停電の後!

そして、
自宅を離れて、
避難所から帰ってきた時に
自宅が火災で消えていることを防げるでしょう。

昔の人は、

言いました。

「 備えあれば

  憂いなし 」!

そして、

「 明日は、

  我が身 」と・・・