【遺失物横領の罪】使えそうなゴミを拾って持ち帰ったら犯罪になるのか?-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
法律学の覚書-東京占い無料幸運-

みなさんは、
ゴミ捨て場に
捨ててある使えそうな
ゴミを持ち帰りたいと思ったことはありませんか?
現在の
日本は、
株高ですが
それでも、
不景気で
年々、
給料が
下がっています。
その
証拠に
不動産の価格も下がっています。
しかし、
日本は、
米国、
中国に続いて、
世界第三位のGDPを持つ経済大国です。
そんな、
日本の
ゴミ捨て場には、
面白そうな本や雑誌、
まだ、使えそうな家電が捨ててあります。
その
ゴミ捨て場の光景は、
まさに

「 MOTTAINAI 」!

ケニアから声が聞こえてきそうです。
そのため、
日本では、
ゴミ捨て場から
ゴミを持ち帰る人が多いです。
外国人もバンバンとゴミを持ち帰っています。
しかし、
使えそうな
ゴミでも自宅に
持ち買ったら日本では、犯罪なのです。
しかし、
ゴミ捨て場にあるのはゴミです。
一見、
ゴミの
再利用を
考えている人は、
使えそうな
ゴミを
ゴミ捨て場で
見たら
その
ゴミの
所有者が所有権を
放棄したものだと思われるかもしれません。
だから、
持ち帰っても大丈夫?
しかし、
法的に
その
ゴミを
考えてみると
その
ゴミの
所有者は、
ゴミ処理を
目的にゴミ捨て場に
ゴミを置いているので
そのゴミが処理されるまで
ゴミの所有権は、存在しているのです。
そのため、
ゴミ捨て場で
使えそうなゴミだなと
あなたが勝手に思って
ゴミが
処理される前に
その
ゴミを
家に持ち帰ったら
「 遺失物横領 」という罪に問われるかもしれません。

「 遺失物横領 」?

遺失物!
ゴミ?
横領!
この
法律は、
他人の所有権を
離れたものを自分の
モノにすると問われる罪ということです。
要するに
この
「 遺失物横領 」!
という罪は、
広義の意味で
窃盗ということです。
これは、
公共の
ゴミ捨て場だけではなく、
近所の
スーパーなどに設置されている
古紙回収置き場の古新聞、古雑誌や
マンションなどのゴミ捨て場のゴミも含まれます。
日本の法律では、
不法にゴミを捨てたら犯罪!
もちろん、
不法にゴミを持ち帰っても犯罪ということでです。
それでも、
都心の
ゴミ捨て場で
まだ
使えそうな
PCやラジカセが
捨てられていると
「 MOTTAINAI 」!
という気持ちになります。
もし、
あなたに
使えそうな
ゴミがあるのなら
おカネにならくてもいいので、
手間は
かかりますが
地球のためだと思って、
リサイクル・ショップや
ネットのオークションで処分してください。
ということで、
ゴミ捨て場から
ゴミを持ち帰ったら「 遺失物横領 」という犯罪です。
これは、
本当に

「 MOTTAINAI 」!