【時事占い/政治経済】中国と米国の貿易戦争の今後を占う-東京占い無料幸運-

政治経済と占星術
時事占-東京占い無料幸運-

ここ最近、
中国と米国の対立が激化している。
その大きな原因の一つとして、
米国と中国の貿易の不均衡が考えられる。
そこで、
今回は、
マクロな視点に立って、
政治占星術(Mundane-Astrogy)の方法で
占果(SAEN-KA)を立ててみた。
その
占果を
読み解くと
中国と米国の対立の長期化は避けられないということだ。
さらに、
この占果を
細分化させていくと全体的な対立構造が見えてきた。
それは、
第一に
国際社会における
中国の影響力を高めるために
全世界規模で行われている国家的な対外工作活動である。
なお、
この工作活動は、
あまりうまくいっていないと占果に出ている。
やや話は逸れたが、
この
中国が
欲する影響力とは、
経済力と軍事力による国際的な地位の確立である。
現在の
中国を動かす原動力は、
意外だが1840年に起きた
阿片戦争以前の大国であった時代の地位を取り戻すことにある。
しかし、
この影響力を欲する中国を動かす原動力には、
残念ながら、
中国に住む数十億の人民を集結させるまとまった力はない。
そのため、
中国の指導者層は、
人民は持つ力をまとめるために躍起になっている。
これが、
ホロスコープが教えてくれた中国国内の現状である。
しかし、
この力の収束は、
中国が歴史の中で失った力を取り戻すまで続く、
第二の構造は、
貿易問題である。
これは、
中国と米国の利益が
公平に采配されていないことに基づく重要な対立である。
中国と
米国における対立構造は、
この貿易問題で爆発寸前まで続くだろう。
しかし、
この貿易問題では、
血が流れないという占果が出ている。
ということは、
貿易問題が原因で血を流す戦争にはならないということだ。
そして、
第三の対立構造は、
日本を含む国防に関する課題である。
現在の中国は、
ハワイが浮かぶ米国の太平洋まで
自国の海軍を運用できる空間を欲している。
なお、
占果には、
この中国が持つ野心は、
米国や米国の同盟国に対する恐怖心や
防衛本能が生み出しているとホロスコープが教えている。
また、
中国の海へ対する軍事力の拡充は、
今後も数十年、続いていくようだが、
その際に
米国または、
周辺諸国と接触事故は起きても、
大規模な戦闘にはならないと星座が教えている。
それは、
なぜか?
これは、
中国側には、
耳が痛い占果になるが
現在の中国軍では、
米国または、
周辺国との局地戦において、
完璧な勝利を得ることができないからである。
これは、
武器の優劣や兵の数ではなく、
戦争の記憶と戦闘の経験が両国では、
大きな差となって現れているからである。
しかし、
この
地域の安定は、
占果に拠ると中国と米国を含む同盟国が
同等の力を保持していることが前提となっている。
そのため、
もし、
少しでも
両国のバランスが崩れれば、
それは、
即、
局地的な戦争になると星は、教えている。
最後の対立構造は、
外国への内政干渉または、
ソフトな工作活動が招く、
米国民が持つ強い中国への反感である。
このような中国と米国の対立構造は、
日本にとっても他人事ではない。
では、
なぜ、
この対立構造が2018年に勃発したのかといえば、
それは、
これから、
3年~7年で
何らかの要因によって、
米国の力が著しく落ちるからである。
この米国の力の低下により、
地球、世界、
特に
東アジアは、
一変するだろう。
なお、
この米国が持つ国力の急速な減退は、2020年から始まると占果に出ている。
でも、
これは、
米国と周辺諸国が中国に負けるという意味ではない。
実際に
この戦いは、
中国の人口サイズから
生み出される経済力や伸びしろのある
中国の軍事力に米国と周辺諸国が押されるという意味である。
これは、
中国と米国の
星の配置と動きからも正確に読みとることができる。
そのため、
米国にとって、
中国と正面から血を流さない戦争で対決できる時期が
今しかないのである。
今なら米国は、
失うものは、
少ない。
そして、
勝てる。
そんな、
米国に応じるように
中国も発展の余力があるため両国の対立は激化したと考えられる。
これは、
すべて天体運動に織り込み済みである。
そのため、
この両大国による対立は、
避けられない。
今後も両国は、
周辺諸国を巻き込みながら
経済、軍事で摩擦を起こしながらも
世界の支配権をめぐって対立を起こすだろう。
特に
2019年、
上半期から両国の対立が激化していく、
米国は、中国の覇権を挫くために最大限の圧力をかけてきます。
しかも、
この戦いは、
長期戦になるのです。
しかし、
この
両国の対立に
あなたは、
一喜一憂する必要はない。
すべては、
天体運動の計らいなのです。