【株の必勝法】経済の体温計!長期金利を知る!-東京占い無料幸運-

個人投資家大戦略- Individual Investor Great Strategy-
株-東京占い無料幸運-

よく
テレビの
ニュースを

見ていると

国債の

金利が

上がった。
国債の

金利が

下がった。
といった言葉を耳にします。
この
テレビ・ニュースで聞く、
金利という言葉は、

国債(満期10年)の

長期金利のことを指しています。

長期金利?

そうです。

長期金利とは、

国が発行する国債が

債券市場で

売買される時に決まる

経済指標を意味しています。

たとえば、
国債を欲しい人が多ければ、
国債価格が

上がり、

金利が

低下します。

しかし、
国債を
いらいないという人が多ければ、
国債価格が

下落して、

金利が

上がります。

そのため、
好調な景気だと
長期金利が上昇傾向になります。
この
国債などが
売買される債券市場では、

利回りが

一番、

注目されます。

このような、
因果関係から

長期金利は、

別名、

「 経済の体温計 」、

とも言われています。

 

【長期金利の法則 NO.1】

 
NO.1/ 国債価格が上がる→金利が低下する
 
NO.2/ 国債価格が下がる→金利が上昇する

 

では、

なぜ、
この

長期金利の

金利の変動が重要かというと
銀行などの金融機関がおカネを貸す際に
利子(金利)を決める指標になっているからです。

金融期間が

貸す代表的な

おカネといえば、

企業への融資や住宅ローンなど指しています。
要するに

長期金利が上がると

それに伴い利子が上昇するので、
企業や個人が

おカネを

銀行などの金融機関から
借りにくくなるということになります。

 

【長期金利の法則 NO.2】

 
NO.1/ 国債の長期金利が上昇する

       ↓

NO.2/  金融機関が貸し付ける利子(金利)が上昇

       ↓

NO.3/  利子が高くなるのでおカネが借りにくくなる

       ↓

NO.4/  企業や個人が経済活動を控えるようになる

       ↓

NO.5/  おカネが回りにくくなり景気が悪くなる
 
このように
NO.1~NO.5の

順序で経済が不況になる。

 
もし、
あなたが

株式投資に

興味があるのなら、
この国債市場の長期金利ついて、
しっかり、学ばないと成功はないでしょう。