【孤独な旅/船旅】太平洋フェリーで行く北海道の礼文島vol.18-東京占い無料幸運-

北海道への旅-A Trip To Hokkaido-
Sightseeing Rebun Island in Hokkaid-3

観光客で賑わうスコトン岬を
後にした私は、
日本最北端の湖である「久種湖」へ向かった。
この

「 久種湖 」は、

鉄府、
江戸屋山道から
眺めた船泊湾から少し入った場所にある。
そして、

この

久種湖には、
礼文島を代表する
キャンプ場も併設されており、
トレッキング・コースも設けられている。
春になるとミズバショウがきれいに咲くらしい。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaid-1

久種湖を
Wikipedeiaで調べてみると
湖の周囲は、

3.3キロメートルで、

一番、
深いところの水深は、

6.2メートルらしいです。

この

湖は、

魚も

たくさん、

泳いでいるようです。

さかな君なら大興奮だ!

私が
キャンプ場の
施設を掃除していた
管理人さんに聞いた話では、

冬になると湖が凍り、

群れを成してワカサギがたくさん泳ぐようです。
しかし、

礼文島の住民は、

淡水魚を
食べる習慣がなく、
魚種が豊富で釣り人の
天国であるはずの久種湖に
関心を持つ人は少ないようです。
また、

バード・ウォッチングに

興味がある人にも、
久種湖は、

季節、

季節の

渡り鳥の

種類が多いようです。

久種湖畔には、

鳥の観察場所も設けられています。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaid-2

せっかくなので、
久種湖畔キャンプ場の
基本データを掲載しておきます。

【久種湖畔キャンプ場】

1. 【開設期間】5月1日~9月末日
2.   テントサイトとバンガローがあります。
3.   チェックイン・アウトが13~19時/翌10時
4.   管理人は、午前7時~午後21時まで駐在(安心です。)
5.   荷物搬入は、車両進入OK!
6.   利用料金/入場料は、大人 600円  小人 300円
   オートサイト/電源15A付 1区画 2,000円
      コテージ(3棟)/5人用1棟 15,000円
      バンガロー(6棟)/4人用1棟 2,000円
7.   貸用具あり
    炭火用コンロ 700円
    レンタル釣り具はなし
8.    キャンプサイト
    芝生! 最大50張
また、

この

キャンプ場から
天気が良ければ礼文岳も見られます。
それに加えて、

小高い丘の上には、

陸上自衛隊のレーダー基地が見られます。

なお、

キャンプ場の隣が
自衛官の官舎になっています。

私は、

この島に来るまで陸上自衛隊が
独自のレーダーを運用していたことを知りませんでした。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaid-3

でも、
この陸上自衛隊の
レーダー基地は、非常に無防備な感じで、
RPGが数発あれば、吹き飛ばせそうな感じでした。(笑)

Sightseeing Rebun Island in Hokkaid-4

礼文島は、
何度も言いますが国境の島です。
そのため、

礼文島は、

いつも、

何か

目には

見えない

緊張感が漂っています。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaid-5

私は、
久種湖畔キャンプ場で

トイレを

かりてから、

香深の町に戻り、

車を返してから、

漁協のスーパーで

お弁当と
お茶を買い、

軽い昼食をすました。

それから、
桃岩展望台へと歩いて向かった。

私は、

明日の

午前中には、

礼文島を離れないといけないのだ。

さあ、

人生を

楽しむぞ!