【孤独な旅/船旅】太平洋フェリーで行く北海道の礼文島vol.16-東京占い無料幸運-

北海道への旅-A Trip To Hokkaido-
Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-10

澄海岬の次は、
レブン・アツモリソウの
群生地である鉄府(てっぷ)を目指す。

レブン・アツモリソウは、

ユリの花で昔は、島中に咲いていたらしい。

しかし、

現在では、

絶滅危惧種であり、

島の数か所にしか咲かない花になっている。
鉄府は、

島の北側、

澄海岬から車で

十五分ほどの場所にある。

しかし、
すでにレブン・アツモリソウの季節は終わっている。

でも、

せっかく、
本州から

礼文島に来たので、

野生の

レブン・アツモリソウが

咲き乱れる場所を見てみたいと思い車を飛ばした。

なお、

今年の

レブン・アツモリソウは、

六月の下旬でシーズンが終わったようだ。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-1

鉄府は、
島の北側の湾になっている場所に位置する。

鉄府に

行くには、

手前の漁村に

車を置いて行かないといけない。

そこに駐車場はない!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-2

今日は、

とても、

空気が乾いている。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-3

私は、
群生地を

目指して歩く!

群生地までは、
車を置いた場所から二キロの距離である。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-4

なんか、
ハード・ボイルドな光景が広がる。
私は、

思った。

こんな場所で

テント泊をしてみたいと・・・

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-5

風景全体が
ザラっとしており、
行ったことはないが、

礼文島の

近所に位置するロシアの

サハリン州のようだ。

私は、
車を降りてから、
誰にも遭遇していない。

鉄府の群生地?

まったく、

人がいない・・・

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-6

この

風景を

見ながら

思ったことは、

礼文島は、夏が終わり、
秋の音が近づいていることである。

私は、

礼文島に

来てから、

私の季節感が狂い始めた。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-7

そんな、

日常感覚が

狂う感じが旅の醍醐味でもある。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-8

そして、

車を降りて、

数十分、
私は、

目的地に到着した。

まったく、
花らしい花は、
咲いていなかった。

時期が時期なのだから、

それは、

当たり前である。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-9

この

鉄府!

すごく、
風景が良く、

海がきれいであった。

船泊湾!

本当に美しい!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-10

この
町中に

棲息している

礼文町のゆるキャラであるアツモンは、
このレブン・アツモリソウをモチーフにしている。

さあ、

次は、
江戸屋山道に

車を飛ばすぞ!